水虫が治らない原因を考えて正しい治療方法で治す

水虫が治らない原因を考える_どうすれば治る?

水虫治療

水虫がなかなか治らなくてお悩みの方は、本当にたくさんいます。

 

『毎日ちゃんと薬を塗っているのに…』、『全然症状が良くならないんです…』、『いつも再発を繰り返してしまう…』、という声は頻繁に届いています。

 

昔は、水虫を治す方法を見つけたらノーベル賞ものだ、と言われたくらい水虫を治すことは困難でした。しかし今は違います。治療法も増えて、薬もどんどん進化しています。

 

水虫は治らない病気ではなくなったのです。

 

しかしなぜ、水虫が治らない人がいるのでしょうか?

 

薬が合ってなかったり、生活習慣が悪かったりと、原因はいろいろ考えられます。

 

そこで、水虫が治らない原因をできる限り考えて、どうしたら解決できるのか、についても合わせて紹介していきたいと思います。

水虫が治らない原因と解決方法

そもそも水虫ではない

これは意外と多いのですが、水虫だと思い込んで市販の水虫薬を使って治療しているのに、一向に症状が改善しないというケースです。

 

この場合、そもそも水虫ではない(白癬菌がいない)可能性があります。水虫によく似た以下のような病気もあります。

 

湿疹・かぶれ=ブツブツや小さい水ぶくれ、赤みなどが出て、痒みがあります

 

異汗性湿疹=あせもに似た湿疹で紅斑が出ます

 

汗疱=手のひらや足の裏に水ぶくれができて、皮がめくれます

 

掌蹠膿疱症=土踏まずや足の側面に最初はブツブツができて、やがて膿を持ってきます

 

掌蹠角化症=手のひらや足の裏の過角化を主症状としています

 

角化症=かかとが硬くなって、ひび割れを起こすこともあります

 

乾癬=皮膚のターンオーバーが通常は2〜4週間なのが3〜4日に短縮されることで、角層が大量に出てきて白い粉をふきます

 

解決策

病院へ行って顕微鏡検査をしてもらい、白癬菌の有無を見てもらいましょう。

 

注意点は、市販の水虫薬で自宅治療している場合、水虫であっても顕微鏡検査で白癬菌が検出されないことがありますので、水虫薬を塗るのを止めて2週間くらい経ってから病院へ行きましょう。

 

 

水虫になりやすい体質である

水虫になりやすい人というのはいます。例えば、

  • 足の指と指の間隔が狭く、ぴったりくっついている
  • 汗をかきやすい
  • 両親のうち1人でも水虫にかかったことがある

 

このような方は、もともと水虫になりやすい体質や身体的特徴を持っていると言うことになります。

 

解決策

白癬菌が付かなければ水虫にはなりませんので、白癬菌がいそうなところには行かないことが水虫予防になります。白癬菌がいる場所とは、

 

  • 温泉や銭湯
  • スポーツジムやヨガ教室
  • スパや岩盤浴
  • 公共施設のスリッパ  などです

 

しかし日本には4〜5人に1人が水虫の患者さんですから、完全に白癬菌から逃れられる場所は無いように思います。

 

ですから、白癬菌が付いたとしても発症させないことが最も大切です。毎日清潔にして、できる限り裸足でいる時間を増やすこと、また5本指の靴下を履いたり、指と指の間を乾燥させるようにしてください。

 

 

水虫になりやすい生活習慣

水虫になるには、白癬菌が皮膚に付く⇒皮膚に長時間留まる⇒角質層に入り込む、というプロセスが必要です。

 

水虫にならないようにするためには、白癬菌がいそうなところを避けることと、白癬菌が付いても皮膚に長時間留まらせないようにしなければなりません。

 

ですから、毎日入浴しない人は要注意ですね。

 

解決策

白癬菌が皮膚に付いてから角質層に侵入するまでには、24時間くらい掛かると言われていますので、少なくとも1日に1度は入浴をするかシャワーを浴びて、体を清潔に保ちましょう。

 

白癬菌がいそうな場所に行ったあとは、できるだけ早く足だけでも洗うことが大切です。

 

 

使っている薬が、あまり効果のないものの可能性がある

水虫の原因となる白癬菌には、40以上の種類があり、日本ではそのうちの10種類ほどが、確認されているそうです。

 

薬に配合されている抗真菌成分にも多くの種類があって、貴方の水虫がどの種類の白癬菌によって引き起こされ、その白癬菌にはどの抗真菌成分が有効なのかは、薬を使ってみるまで分からないということがあります。

 

もしかしたら今使っている薬が、あなたの水虫には合っていない可能性もあるということです。

 

また抗真菌成分は、どんどん進化していますので、最新のものを選ぶといいでしょう。古い成分を配合している薬は安価ですが、効き目も薄いので、使うメリットはあまりないでしょう。⇒市販の水虫薬の選び方はコチラを参考にしてください

 

解決策

今使っている水虫薬で効果を実感できなければ、別の抗真菌成分を配合している薬に変えてみる、ということが必要になります。

 

薬を変えたらすぐに効果が出たというお話は良く聞きます。

 

また今はスイッチOTC薬といって、効果の高いお薬が市販できるようになっています。⇒スイッチOTC薬について詳しくはコチラをご覧ください

 

 

爪白癬や角質増殖型の水虫に進行している

足の水虫は初期のころは、指と指の間が痒い程度で症状は軽いですが、放置して症状が重くなると、治りにくい爪水虫や角質増殖型のかかと水虫に進行することがあります。

 

爪水虫もかかと水虫も、治療効果を得るためには、塗り薬を爪や分厚い角質の奥に浸透させなければなりませんが、市販の水虫薬や塗り薬では、そこまで浸透させることは簡単ではありません。

 

治りにくいのはこのような理由があるためです。

 

解決策

病院で内服薬を処方してもらい、体の内側から治すという方法もあります。(併用禁忌薬があったり、薬の副作用がでることがあるので注意が必要です)

 

また、塗り薬をより浸透させるために、薬を塗る前に爪や皮膚を出来るだけ柔らかくすることも、有効な方法となります。フットバスや洗面器を使って長時間の足湯をすることで、爪や皮膚をふやかしてから薬を塗るといいでしょう。⇒詳しくはコチラをご覧ください

 

 

家族間で白癬菌のキャッチボールをしている可能性もあり

あなたの水虫が家族にうつり、治ったと思ったらまた家族からまたうつされてしまう、というように、家族間で白癬菌のキャッチボールが行われている可能性があります。

 

また自身の靴やスリッパにも白癬菌は付いていますので、自身でキャッチボールをしている可能性もありますね。

 

解決策

水虫にかかったら、まずは治療を開始することが大切です、治療を開始すると、白癬菌の感染力は大幅に低下することが分かっています。

 

また床のこまめな掃除、バスマットやスリッパの共用は避ける、水虫の人は自分が白癬菌のキャリアであることをしっかり自覚する、などの対策が重要です。

 

また自身が使っている靴やスリッパは、一度しっかり洗って天日干しするか乾燥機に掛けて、殺菌すると良いでしょう。

 

 

まとめ

いかがですか、ご自身の水虫が治らない原因として、上記のいずれかに心当たりがあったでしょうか?

 

前途した通り、水虫は治らない病気ではありませんので、初期のうちにしっかり治してしまいましょう。

 

放っておいたり、治療を長引かせたりすると、難治性の爪白癬やかかと水虫に発展させることになります。

 

そうなる前に、治療を開始するのがいいと思います。

爪水虫最強ジェル


爪水虫最強ジェル

関連ページ

爪水虫の市販薬のおすすめは?_自宅で治すための薬
爪水虫になると見た目の問題があって、他人に見られることを恥ずかしく思うようになります。また飲み薬での治療は肝臓への負担や副作用を考えて、選択しないという人が多いので、病院へは行かず、自宅で爪水虫を治そうとする人が増えています。ここでは爪水虫の自宅治療のための市販薬選びについて書いています。
爪水虫は爪が伸びないと治らない?爪の変形はどうやって治す?
爪水虫になると、爪が白濁したり、肥厚したり、もろくなったりします。爪水虫が治る過程ではキレイな健康な爪が爪の生え際から先端に向かって、生え変わっていくことが必要ですが、爪自体が伸びているのかが良く分からないという方もいます。ここでは爪水虫のなると爪にどのような変化が起こって、どのように治療に影響をしていくのかについて書いています。
水虫治療に使う塗り薬の正しい使い方と適正量_FTUとは?
水虫や爪水虫を塗り薬で治療している方も多いでしょう。しかし正しく治療するためには、どのくらいの量の薬を塗ればいいのか、疑問に思ったことはありませんか?ここでは外用薬の正しい使い方と使うべき量について解説しています。
妊婦さんの爪水虫を副作用なく治すにはどうすればいいですか?
妊婦さんや授乳中の方にも爪水虫の方はたくさんいます。爪水虫を治すためには内服治療が最も効果的であることは良く知られていますが、肝臓や腎臓への負担が大きいことも良く知られています。そこで妊婦さんや授乳中の方でも安心して使える薬や爪水虫の治し方をご紹介していきます。
中学生で水虫になり爪水虫を経て最後は飲み薬で完治させた体験談
私の水虫体験談です。感染したのは中学時代の水泳部の部活動でだと思っています。部室では多くの部員が裸足で、衛生環境はあまり良くなかったことを覚えています。爪水虫にもなって暗い青春時代を送りました。社会人になって飲み薬で治すまでの体験談です。
爪水虫の治療法_治療に手間が掛からないランキングは?
爪水虫の治療法は大きく分けて、内服治療、外用治療、レーザー治療の3種類になると思います。それぞれの治し方にメリットとデメリットがありますが、今回は治療が面倒くさくなくて、できるだけ手間が掛からない方法を、ランキング形式でご紹介したいと思います。
爪水虫を治療するのに血液検査をしなければいけないのは何故?
爪水虫を治すために内服治療を選択すると、定期的な血液検査が必要となります。これは、抗真菌薬の服用による、肝臓や腎臓への副作用をチェックしなければならないことが理由です。ここでは血液検査の頻度や副作用の確率、内服治療以外の治療法などについて書いています。
夫の爪水虫はどうしたら治してもらえるの?病院嫌いな旦那の爪水虫を治す方法
うちの夫は爪水虫なのに、治そうという気が全くない、という家庭は多いでしょう。そんな夫に爪水虫を治してもらうためにはどうすればいいのでしょうか?なんとかしないと家族に被害者が出てしまいますし、他の公共施設でも他人にうつしかねません。そうなる前にしっかり治療させましょう!
旦那の水虫をうつされないように自宅でできる水虫予防
旦那さんが水虫になっていて再発を繰り返している、一向に治る気配がない、本当に治そうと思っているのかしら?などと思っている奥さんは多いと思います。このような場合に心配になるのは、自分や家族にうつってしまうのではないか?ということだと思います。ここでは旦那さんが水虫の家庭での水虫予防法を書いていきます。
看護師さんの水虫体験談_とうとう発症!指の間の水虫
患者さんに衛生面での指導も行う立場にある看護師さん。自分が水虫になる訳にはいかないと、常に清潔にすることを心がけていたものの、趾間型の水虫になってしまった看護師さんの水虫体験談です。発症から治療、そして完治までを書き記しています。
営業マンの水虫体験談_ブテナロックで自宅治療に成功!
社会人の水虫体験談です。今回は営業マンのお話。家族もいるので、お家で妻や子に水虫をうつすわけにはいかないとブテナロックで治療をして完治させるまでの、治療法や家で気を付けたことなどを書いています。
ビデオレンタルショップの仕事で手水虫に感染した体験談
ビデオレンタルショップの仕事で手の水虫に感染した体験談です。どのように手の水虫に感染して、どうやって治したのか、また治療時に注意すべき点について、自己の体験を通して分かったことをご紹介しています。
介護士の私が水虫になりルリコナゾールで治した体験談
私が水虫になったのは、介護職でのバスマットが原因でした。どのように水虫を発症して、どのように治療したのかについて書いた体験談です。病院で処方してもらったルリコナゾールは効果がありました。

 
爪水虫や水虫の治療法や薬 爪水虫や水虫の原因や症状 爪水虫や水虫の予防法やケア 爪水虫を自分で治す方法 妊娠中の水虫・爪水虫治療や予防 お勧め治療薬ランキング