爪水虫や水虫の体験談やお悩み相談

介護職員として入浴介助をしていて水虫になった?

介護士の水虫体験談

私は以前、高齢者のデイサービスで介護職員として、忙しくも楽しい毎日を過ごしていました。現在は、デイサービスではありませんが、社会福祉事業に従事しています。

 

そんな私が、体験した水虫との闘いの記録です。

 

私は、月曜日から土曜日まで不定期なシフトで勤務していました。仕事のある日は毎日、午前中は利用者の入浴介助をしていました。

 

デイサービスのお風呂には、毎日、午前中に30〜40人ほどの利用者がお風呂に入っていました。たくさんの人がお風呂に入りますから、浴室の外に引いてある足拭きマットは、1日に2回程度は交換していました。

 

そんなある日のことです。仕事が終わって家に帰ってから、お風呂に入っていて自分の足の裏の皮が剥けていることに気がつきました。

 

始めは、入浴介助をしていたので、足の裏の皮がふやけ過ぎてなっていると勝手に判断していました。足の裏の皮は、いつまでたっても元には戻りませんでした。何となく気にはなっていたのですが、1か月くらいは、そのまま放置していました。

 

しかし、いつまでたっても、足の裏の皮がもとに戻ることはありませんでした何となく、「変だな?」とは思っていたのですが、「自分だけは絶対に水虫にはならない!」と変な自信があったのです。

続きを読む≫ 2017/07/10 23:22:10

水虫は足だけじゃない!手水虫にご用心!?人間の天敵?そもそも水虫とは何か?

レンタルショップで手水虫に感染

「足がかゆい!手もかゆい!」

 

皆さんもご経験がありますでしょうか?人間の天敵、水虫です。

 

時間制限のある試合中はともかく、練習中は常に多量の汗を発生させているスポーツ選手や、炎天下の中だろうと契約が取れるまで歩き続けるセールスマンに多い感染症です。

 

水虫になった経験がある人は、知っているかと思いますが、水虫って実はカビの一種なんです。

 

白癬菌というカビによる感染症を水虫といいます。菌によって皮膚が炎症を起こしてしまうのです。

 

一般的には、足の裏に感染して炎症を起こしたものが有名ですね。

 

実は、田虫や陰金田虫も、水虫と同一の白癬菌が原因なんです。水虫との違いは、感染した体の部分が違うだけです。田虫は腹や腕、背中に感染して炎症を起こしたものが一般的です。

 

陰金田虫は、陰部や陰部付近に感染して炎症を起こしたもの。足や手のひらに感染したものが、水虫です。

 

それでは何故、田虫よりも水虫の方が有名なのでしょうか?

 

それは、田虫の方が範囲が広いにも関わらず、足の裏付近が圧倒的に白癬菌に感染しやすいからなのです。

 

男性の場合は革靴、女性はブーツ等、仕事の影響で通気性の悪い靴を長時間履いたまま活動していると、靴内の湿度が上昇し、菌が増殖していくわけです。

 

水虫対策は、まず足から!というわけですね。

続きを読む≫ 2017/07/10 21:28:10

水虫発覚・・・大きな衝撃が走る

営業マンの水虫体験談

私は会社員で営業部で働いています。

 

あれは一昨年の秋ごろだったと思いますが、なんとなく足が痒い日々が続き、ポリポリ足の裏を掻いていました。

 

その時はあまり気に留めていなかったのですが、ある日風呂上がりに丹念に見てみると白い水虫ができていたのでした。足裏の皮が日焼けのように剥けてきて、水泡ができていたのです。親指の付け根あたりです。同僚でも水虫の者はいたので自分も水虫になる可能性は考えていましたが、やはりショックでした。

 

同時に、嫁や子供にうつしてはいけないと思いました。そこでとりあえず嫁に水虫になったと伝えました。

 

嫁は「そうなんだ」と薄い反応でしたが、これからは感染を防ぐためバスマットは別々に使うことになりました。子供には嫁が伝えてくれるそうです。

 

子供は水虫と言われてもよく分からないようで特に何も言われませんでしたが、なんとなくパパが不潔なイメージになってしまったようでがっかりしました。

 

というのも自分が子供のころ父親が水虫になってバスマットを別にした経験がありました。母は子供にうつるじゃない、と怒っておりそのときぼんやりと、父が汚いような感じに思えたからです。(それは父が水虫を治しきってからも変わりませんでした・・・)

続きを読む≫ 2017/07/08 16:18:08

私が水虫になったきっかけと仕事の関係

看護師さんの水虫体験談

私は看護師をしています。看護師と言えば、今はパンツスタイルで動きやすい服装、そしてスニーカーなどが多いのですが、今から10年前は、まだまだ白衣が一般的でもありました。

 

私が初めて就職をしたところも、当然白衣でしたね。病棟によりピンクのところもあったので、この白衣を着用するのが夢でした。

 

そんな白衣を着用する時、私たちは必ずストッキングを着用します。もちろん白のストッキングがベースですよね。また看護師の仕事というのは、とても忙しく動き回る仕事です。はじめは使い捨てが出来るような安いストッキングを着用していましたが、仕事を重ねるにつれ、サポート力の強いもの、そして厚いものを使用する様になったのです。

 

また足に履くサンダルですが、ナースサンダルというのは、1000円程度で安いものもあります。このタイプは、開放的で、着脱もしやすいというメリットがあるのですが、実際に仕事をする時には、サンダルの踵のところがすぐにダメになったりして、使いづらいものであったのです。そのためナースがよく使用するブランドのスニーカータイプなどを使用していました。それが脚をすっぽり覆ってくれるのですが、足の蒸れる原因になったのです。

続きを読む≫ 2017/07/07 16:48:07

自宅での水虫予防法

おうちの旦那さんが水虫だという家庭は多いのではないでしょうか?

 

いつか家族にうつってしまうんじゃないかと、心配になりますよね?

 

水虫薬でもちゃんと治療している旦那さんであれば同情もできますが、何もしないで放置しているなんていう場合は、水虫をうつされないように、こちらが対策を立てて予防しなければなりません。

 

特に小さなお子さんがいる家庭では、赤ちゃんが床をハイハイしたり、そこらじゅうの物を口に入れたりするので大変です!

 

そして最悪なのは、赤ちゃんが旦那さんのスリッパで遊んでいるのを見つけたときです…

 

いくら旦那さんに病院に行くように言っても聞く耳を持たないし、もうどうしたらいいのか…

 

そんなお悩みをお聞きしたので、今回は旦那の水虫をうつされないための、家庭での水虫予防方法や対策をご紹介します。

続きを読む≫ 2017/07/04 13:57:04

夫の爪水虫を治療

現在、旦那さんが水虫や爪水虫を患っている家庭は多いのではないでしょうか?

 

やはり、水虫は働くお父さんのイメージが強いですね。

 

でも男って、病院が嫌いじゃありませんか?知り合いの旦那さんは、一度爪水虫で病院に行って飲み薬を処方されのですが、薬を飲んで口内炎ができたとかで、すぐに服用をやめてしまったみたいです。

 

ちゃんと治してくれないと、奥さんや子どもさんにうつる危険性もあって、気が気じゃないですよね?

 

何度お願いしても、夫が爪水虫の治療に消極的なのは、実害があまり無いからなのでしょうか?

 

家族に被害者が出る前に、しっかり治させたいと切に願う奥さんからの悲痛な叫びがありましたので、今回は、夫の爪水虫を治させる方法についてご紹介します。

 

白癬菌の家庭内感染はしっかり断ち切りましょう!

続きを読む≫ 2017/07/04 10:01:04

爪水虫の内服治療の血液検査

爪水虫を治すために病院へ行くと、第一選択として内服治療を勧められることが多いと思います。

 

内服治療は、

  • 治癒率が高い(70〜80%)
  • 薬を服用するだけなので簡単
  • 広範囲の水虫でも一気に治療できる

 

などのメリットがあって、爪水虫の完治を最も期待できる治療法であると言うことができます。

 

とは言っても、メリットばかりではありません。

 

内服薬は抗真菌剤を全身投与しますので、肝臓や腎臓に副作用が出ることが、たまに起こってしまいます。

 

このため、内服治療を受ける人は、定期的な血液検査が必要となり、その数値を見ながら慎重に投薬を進めていくことになります。

続きを読む≫ 2017/07/03 16:00:03

爪水虫の治療法ランキング

爪水虫の治療は、本当に根気と継続が必要です。白癬菌が爪の中に寄生しているので、お薬が届きにくく治しにくいのです。

 

毎日清潔にして、薬を塗って、できるだけ乾燥させて、靴をローテーションさせて除菌して、家族にうつさないように注意して、という生活を続けていることでしょう。

 

爪水虫の治療を頑張っている人は皆さん、もっと簡単に爪水虫を治す方法はないものかと、思っていることだと思います。

 

現在では爪水虫の治療法も増えて、自身の体調やライフスタイルに合わせて、選択することができるようになってきました。

 

爪水虫の治療法は、

  • 内服治療
  • 外用治療
  • レーザ治療

 

大きくは、以上の3種類なのではないかと思います。

 

ここでは、それぞれの治療法を、面倒くさくなくて手間が掛からない順にランキングにして、それぞれのメリットとデメリットをご紹介したいと思います。

続きを読む≫ 2017/06/29 10:00:29

水虫になったのは水泳部だった中学時代

私が水虫になったのは中学生の時です。

 

当時は水泳部に所属していたのですが、水虫になったのはその部活動が原因だったのではないかと思っています。

 

中学生の水虫は、家庭内での感染が多いと聞きましたが、私の家には水虫にかかっている家族はいなかったので、うつるとしたら部活くらいしか思い当たりません。

 

冬場は外や室内で筋力トレーニングをしていましたが、4月から10月くらいまでの期間はプールで泳いでいました。

 

プールでの練習では、常に水の中にいたので、手足の皮膚はいつもふやけていました。

 

もしかしたら、ふやけた皮膚は白癬菌にとって侵入しやすかったのかもしれません。

 

プールサイドや更衣室では、部員は水着を着ているだけで、常に裸足でいますから、部員に水虫の人がいれば、容易に白癬菌をもらうことになります。

 

私の場合も、このような状況で白癬菌をもらったのだと思います。

 

当時は毎日お風呂に入ってはいましたが、もしかしたら体の洗い方が雑だったのかもしれませんが、不幸にも水虫を発症してしまったのです。

続きを読む≫ 2017/06/28 16:04:28

妊婦さんや授乳婦さんの爪水虫

今や日本人の10人に1人が、『爪水虫』にかかっていると言われています。もしかしたらもう少し多いかもしれません。

 

その中には妊婦さんや授乳中の方もいるでしょう。

 

自分の水虫に気づきながらも、妊娠期間中の体調の悪さや、子育て中の忙しさのために、しっかりした治療を受けずにいる方も多いのではないでしょうか。

 

もしかしたら、爪水虫の治療は、妊娠期間中は使えない飲み薬で行うことを知っていて、副作用のある薬で治したくないという思いで病院に行っていないのかもしれません。

 

塗り薬でさえ副作用があると思っているのかもしれませんし、胎児への影響を恐れているのかもしれません。

 

また今までもあの手この手で治療をしてきたが故に、爪水虫の治療の難しさを知って、なかば諦めのような境地なのかもしれません。

 

しかしそんな状況でも、当サイトにたどり着いたあなたは、何とかして爪水虫を治したい、赤ちゃんに水虫をうつしたくないという気持ちなのではないでしょうか?

 

ここでは、妊婦さんや授乳中の方が副作用なく爪水虫を治す方法をご紹介していきます。

続きを読む≫ 2017/06/27 14:47:27

水虫薬の適正量

水虫や爪水虫の治療を塗り薬で行っている方の中には、『1日1回の薬の使用は分かるんだけど、いったいどのくらいの量の薬をどれくらいの範囲に塗ればいいのだろう?』、と疑問に思っている方も多いはずです。

 

『薬代を節約したいけど治すのが先決、でも必要以上の量を使うのはもったいない』、と思って使用説明を見ても、【適量】と書いてあることが多くて抽象的…

 

しかし皆さんご存知でしょうか?薬の塗布量はとても大切で、量が少なければ薬剤の効果は発揮されないということを!

 

高価な薬ですから必要最小限の量に抑えたいのは分かりますが、少なすぎては効果もなく、結果としてより長い治療期間が掛かることで、薬代が逆に高く付いてしまう、ということも考えられます。

 

ここでは、そのようなことを避けるために、外用治療時の適切な塗布量や、正しい使い方についてご紹介していきます。

続きを読む≫ 2017/06/26 14:48:26

爪水虫で爪が伸びない

爪水虫の代表的な症状としては、

  • 爪が白く濁る
  • 爪に縦のスジが入る
  • 爪が分厚く変形する
  • 爪が茶褐色に濁る
  • 肥厚した爪がもろくなってポロポロと崩れる
  • 爪が伸びない、または伸びにくい

 

爪にこのような症状が出ている場合、爪水虫に感染している可能性が高いです。⇒詳しくはコチラをご覧ください

 

爪水虫の治療によって爪の症状が改善していく過程では、健康な爪が爪の生え際から出てきて、爪の先端に向かって生え変わっていき、症状が出ている部分を徐々に押し出していきます。

 

通常は内服治療によって、体の内側から抗真菌剤を作用させて白癬菌を抑えていきますが、専用の外用薬でも同様の変化を見ることができます。

 

このようにして、爪水虫は爪が少しずつ伸びるのに伴って、だんだんと治っていくのですが、中には爪水虫になって爪が伸びない、という悩みを抱えている方もいらっしゃいます。

続きを読む≫ 2017/06/26 10:01:26

爪水虫治療の市販薬のおすすめ

今回は、『爪水虫の市販薬でおすすめは何?』という質問に、お答えしていきたいと思います。

 

まず、言っておかなければならないことは、市販薬に『爪水虫の市販薬はない』ということです。

 

あるのは『水虫の薬』であって、これを爪水虫の治療にも代用しているだけである、ということをご確認ください。

 

もちろん爪水虫は、水虫の中の一つの種類ですから、白癬菌が感染しているという点では同じ病気です。

 

しかし、爪水虫を治療するには、有効成分を爪の中を透過させて白癬菌まで届かせなければならず、これは通常の水虫薬では難しいこともあって、爪水虫専用の市販薬はない、ということになっています。

 

しかしその中でも、抗真菌成分として非常に効果の高いものや、医療現場からスイッチされた薬もありますので、ご紹介していきます。

続きを読む≫ 2017/06/23 14:07:23

水虫治療

水虫がなかなか治らなくてお悩みの方は、本当にたくさんいます。

 

『毎日ちゃんと薬を塗っているのに…』、『全然症状が良くならないんです…』、『いつも再発を繰り返してしまう…』、という声は頻繁に届いています。

 

昔は、水虫を治す方法を見つけたらノーベル賞ものだ、と言われたくらい水虫を治すことは困難でした。しかし今は違います。治療法も増えて、薬もどんどん進化しています。

 

水虫は治らない病気ではなくなったのです。

 

しかしなぜ、水虫が治らない人がいるのでしょうか?

 

薬が合ってなかったり、生活習慣が悪かったりと、原因はいろいろ考えられます。

 

そこで、水虫が治らない原因をできる限り考えて、どうしたら解決できるのか、についても合わせて紹介していきたいと思います。

続きを読む≫ 2017/06/22 10:22:22

爪水虫最強ジェル


 
爪水虫や水虫の治療法や薬 爪水虫や水虫の原因や症状 爪水虫や水虫の予防法やケア 爪水虫を自分で治す方法 妊娠中の水虫・爪水虫治療や予防 お勧め治療薬ランキング