中学生や高校生の水虫予防と対策とひっそり自宅治療する方法

中学生や高校生の水虫予防とこっそり治療する方法

中学生や高校生の水虫

中学生や高校生の皆さんは、水虫に対してどのようなイメージがあるでしょうか?

  • 汚い・不潔
  • お風呂に入っていない
  • おじさんが罹る病気
  • 痒い・臭い
  • 自分がなったら恥ずかしい

 

こんな感じでしょうか?

 

一昔前は、水虫は働くお父さんがかかるもの、と思われていたかもしれませんが、女性の社会進出に伴って女性にも増えてきました。

 

このように家庭の中に水虫の人が増えると、その家族や子どもたちにも感染が広がっていきます。今では、中学生や高校生で水虫にかかる人も珍しくはありません。

 

中学生や高校生が水虫になると、肌の代謝が活発ですから角質がはがれ落ちやすく、学校でも水虫の感染を広める可能性もあります。

 

 

ここでは中学生や高校生が、水虫を予防する方法や、水虫になった時に友達に知られることなく、こっそりと自宅で治す方法をご紹介します。

中学生や高校生が水虫を予防するポイントと水虫になったときの自宅治療法

水虫の原因となる白癬菌が皮膚に付着すると、24時間ほどは皮膚表面にとどまっているのですが、その後ゆっくり時間を掛けて角質層内に侵入することで、水虫を発症します。

 

では中学生や高校生は、どこで白癬菌をもらってしまうのでしょうか?

 

 

中学生や高校生が水虫になりやすい場所

中学生や高校生は、活動の範囲はそんなに広くはありません。

 

しかし広くはなくても、水虫に感染しやすい場所はあるので、ご紹介していきます。

 

家庭内

中学生や高校生が水虫に感染する場所で最も多いのが家庭内で、父親からうつってしまうケースです。

 

また水虫は60歳以上の人が罹っている割合が高いので、おじいちゃんやおばあちゃんからうつることもあります。

 

最近では女性の水虫も増えていますので、母親から白癬菌をもらうこともあるでしょう。

 

学校の教室

学校でも、水虫に感染するリスクはあります。

 

例えば、体育の授業や夏場のプールの授業、運動会や体育祭の時には、教室でみんなで着替えをすると思いますが、そのときに水虫の生徒さんがいれば、白癬菌を含んだ角質や皮膚が床に落ちることもあるでしょう。

 

それを素足で踏んだり、触ったりすることで、白癬菌が自分に付着することになります。

 

部室

運動系の部活動をしている生徒さんも多いと思いますが、部室で着替える際は、最も水虫感染のリスクがありますね。

 

野球やサッカーでは専用の靴下に履き替えることもあしますし、水泳部では裸足になりますので、部室やプールサイドで白癬菌をもらうことは多いでしょう。

 

病院のスリッパ

中学生や高校生が行く機会がそこそこ多い場所は、病院ではないでしょうか?

 

病院は不特定多数の人が集まりますし、共用のスリッパに履き替えるところもあります。

 

もし水虫に他人が裸足で履いたスリッパを、あなたが次に履いてしまったら、白癬菌をもらってしまうでしょう。

 

また、中には自分が水虫だと気が付いてない人もいるので、悪気も無く裸足でスリッパを使っている人もいるので、お気を付けください。

 

友達の家

友達の家に遊びに行くこともあると思いますが、そこの家族に水虫の人がいる可能性もあります。

 

スリッパや床に白癬菌がいれば、あなたにも付着するでしょう。

 

 

中学生や高校生が水虫感染を予防するには

中学生や高校生の水虫

水虫に感染しないために最も大切なことは、日ごろから体を清潔にしておくことです。

 

白癬菌は皮膚に付いても24時間ほどは皮膚表面に留まりますので、その間に洗い流してしまえば水虫を発症することはありません。そのために、毎日の入浴が大切なのです。

 

毎日入浴すればほぼ水虫に感染するのを予防することができますが、例外もあります。

 

もし皮膚に傷がある場合は、そこを弱点として白癬菌が通常よりも短い時間で角質層内に入り込むことがあります。

 

部活動をしていると、絶えず擦り傷などがある状態だと思いますので、その場合はできるだけ素足で教室や部室を歩かないようにしてください。

 

また、病院や友達の家に行くときは、必ず靴下を履きましょう。そして帰ってきたら足を洗うよう習慣づけましょう。

 

 

もしも水虫になってしまったら

水虫は、なんか痒いとか、なんかムズムズすると言っている間に、『気づいたときには水虫になっていた』、というケースが多いようです。

 

しかし症状が軽い初期のうちに治療を開始すれば、自宅でも比較的簡単に治すことができます。

 

友達に知られずにこっそりと水虫を自宅で治すには

水虫は早期治療が最も大切です。放っておくとどんどん悪化していき、難治性の爪水虫やかかと水虫へと進行していくでしょう。それだけは避けてください。

 

水虫の初期であれば、市販の水虫薬でも十分治すことができます。

 

薬局での薬選びのポイントは、『最新のスイッチOTC薬から選ぶ』です。⇒詳しくはコチラをご覧ください

 

スイッチOTC薬とは、もともと医療現場で使われていた効き目の強い成分を、安全性を確認したうえで、薬局でも市販できるようにスイッチしたお薬ですから、本当に良く効きます。

 

毎日決められた回数、しっかり塗布を続ければ、2〜3週間で症状は治まるでしょう。ただし、症状が治まっても白癬菌はあなたの皮膚の奥で生きていますから、その後2〜3か月の間は薬を続けられることをお勧めします。

 

後は、毎日清潔にして、家ではできるだけ裸足の時間を多くすることと、今まで履いていた靴やスリッパはしっかり洗って天日干しか乾燥機に掛けて、付着している白癬菌を殺菌してください。

 

これで水虫を治療しながら、再発も防止できます!

爪水虫最強ジェル


爪水虫最強ジェル

関連ページ

水虫になった中学生・高校生が誰にも知られずに自宅で治す方法
中学生や高校生が水虫になることは珍しいことではありません。しかし恥ずかしさもあって親にも友達にも相談しずらいですよね?だからと言って放っておいてはどんどん悪化して爪水虫になる可能性さえあります。そんな中学生・高校生の皆さんに、水虫を誰にも知られずに治す方法とお薬をご紹介します。
爪水虫の高校生が副作用なく自宅で安全に治療する方法
爪水虫は見た目の問題があるので、思春期の高校生にとっては、他人に知られることがとても恥ずかしいでしょう。また親御さんにとっては、肝臓に負担のかかる内服治療ではなく、副作用ない方法で治してあげたいことでしょう。ここでは爪水虫の安全な治し方や自宅ケアについてご紹介します。
中学生や高校生の水虫は早期治療が大切!爪水虫へ悪化する恐怖とは?
中学生、高校生、女子高生など、若い子にも増えている水虫。日本人の5人に1人が水虫ですから、感染のリスクはそこら中にあります。しかし水虫になったとしても今では市販薬で十分治すことができます。怖いのは爪水虫に悪化させること。見た目の問題が大きくなって、学校で大変なことになることも…
中学生や高校生が水虫を予防するための日々の工夫
中学生、高校生、女子高生などの学生さんが学校生活の中で、水虫になりやすいポイントをご紹介、また水虫を予防するために日々できる工夫やケアなどを解説します。
文科省も注意を促すトリコフィトン・トンズランス感染症とは?
最近トリコフィトン・トンズランスという種類の白癬菌による皮膚真菌症の感染が増加傾向にあります。これは元々南アメリカに生息している白癬菌で、柔道や格闘技の選手の間での集団感染を機に日本にも入り込みました。文部科学省は学校で予防すべき感染症として注意を促しています。
爪水虫が恥ずかしい女子高生はクリアネイルショットで自宅治療
女子高生にも爪水虫になる人が増えているのはご存知でしょうか?爪水虫は水虫を放置していたり、悪化させたりすることで発症します。少し前までは飲み薬でしか治せないと言われていましたが、今ではクリアネイルショットが登場したおかげで、爪水虫の自宅治療が可能となったのです。

 
爪水虫や水虫の治療法や薬 爪水虫や水虫の原因や症状 爪水虫や水虫の予防法やケア 爪水虫を自分で治す方法 妊娠中の水虫・爪水虫治療や予防 お勧め治療薬ランキング