爪水虫の高校生が副作用なく自宅で安全に治療する方法

爪水虫の高校生が副作用なく自宅で安全に治療する方法

爪水虫の高校生

最近では高校生にも爪水虫になる人が増えているそうですね。

 

ほとんどの場合が、家族に水虫の人がいて、家庭内で水虫菌をもらってしまうケースです。

 

最初は足の指と指の間がジュクジュクしてきたり、足の裏に小さい水ぶくれができる初期の症状から始まります。

 

ここでしっかり治療を開始すれば比較的簡単に完治させることができるのですが、高校生くらいだと水虫であることを親に話すことや、薬局に薬を買いに行くことさえも恥ずかしがって、ついつい放置してしまうのが現状です。

 

そうすることで症状が悪化し、高校生ながら爪水虫にまで発展させてしまうことがあります。

 

ここでは爪水虫に悩む高校生のため、また爪水虫に悩む高校生の子を持つ親御さんのために、自宅で治療できる薬やケア方法などをご紹介します。

爪水虫が恥ずかしい高校生が誰にも知られずに治す方法

病院では爪水虫治療の第一選択は内服治療が普通です

病院での爪水虫治療

爪水虫で皮膚科に行けば、ほとんどの場合内服治療を勧められるはずです。

 

爪水虫には内服治療が原則ですし、治癒率も高く、最も確実な治療法だということができます。

 

しかしデメリットもあり、お医者さんからは治療を始めるに当たって、『内服治療は肝機能障害や血液疾患の副作用が出ることがあります』、『ですから毎月血液検査をしなければなりません』、『半年くらい毎日薬を服用し続ける必要があります』、『最も治癒率が高い方法ですが、治療期間が短縮される訳ではありません』、などと説明を受けることでしょう。

 

このようなお話を聞いて、内服治療を辞退する方も多くいるようです。

 

病院での治療には認可された爪水虫専用薬で外用治療もあります

2014年に、日本で初めて、爪水虫専用の外用薬が認可され、2017年現在、2種類の爪水虫専用外用薬が処方できるようになっています。

 

肝臓が悪く内服治療ができない人、妊婦さん、また内服治療を望まない人にとっては、治療の選択肢が増えたことになります。

 

しかしデメリットとして、外用治療は内服治療ほど治癒率が高くない(治癒率は17〜18%くらい)ことや、一度にたくさんの薬を処方することができないため、4週間ごとの通院が必要になることが挙げられます。

 

 

病院に行くのが恥ずかしい高校生は市販の水虫薬で治す選択肢もある

薬局に行けばたくさんの水虫薬が市販されています。値段も千円以下のものから3千円以上するものまで多岐に渡ります。

 

爪水虫の高校生にとっては、いったいどれを選んだらいいのか分からなくなることでしょう。

 

ただしお薬選びのポイントは簡単で、【最新のスイッチOTC薬から選ぶこと】、これだけです。

 

スイッチOTC薬とは、それまで医療の現場でのみ使われていた抗真菌成分を、安全性と有効性に優れたものだけを選んで、薬局でも販売できるようにしたお薬のことです。⇒詳しくはコチラをご覧ください

 

最新のスイッチOTC薬は、市販薬の中では高額ですが、効果が高いのでお勧めできます。

 

数週間使っても効果が現れない場合は、抗真菌成分が異なる別のお薬に変えることで、効果を実感できることがあります。

 

水虫の原因となる白癬菌の種類は数十種にも及ぶため、貴方が感染している白癬菌に最も有効な抗真菌成分がどれなのかは、使ってみないと分からない部分もあるのです。

 

 

注意:市販薬は水虫には効くが爪水虫専用ではない

ここで知っておいて頂きたいのは、『市販の水虫薬は水虫の薬であって、爪水虫の薬ではない』、ということです。

 

水虫の薬を爪水虫治療に代用しているに過ぎないのです。

 

しかし爪水虫専用に作られた商品もあり、ネット販売されているのでご紹介しておきます⇒コチラから

 

 

副作用のある内服治療をさせたくないのが親心

自分の子供が爪水虫になって驚いているところに、肝機能障害や血液疾患の副作用が出る可能性のある内服治療を勧められれば、それは不安になると思います。

 

お医者さんは、副作用が出る可能性はほんの数%だと言うけど、本当に自分の子どもに使わせて良いものなのか、とても迷うと思います。

 

薬に副作用は付き物かもしれませんが、副作用に苦しむ方々のことをニュースで見ることもあり、万が一を考えると怖くなったりするでしょう。

 

私はそんな状況で、無理して内服薬を使うことはないと思います。

 

他に選択肢は、爪水虫専用の外用薬、市販の水虫薬、ネットで販売されているクリアネイルショット、またレーザー治療(⇒詳しくはコチラをご覧ください)という方法もあります。

 

自身や親御さんが納得した方法で治療されるのが一番ではないでしょうか?

 

 

自宅でできる簡単な爪水虫の治し方

ここでは、自宅で誰でもできる、外用治療の効果を高める方法についてご紹介していきます。

 

  1. 爪をできるだけ薄くなるまでヤスリで削ります(慣れてくるまでは削りすぎないように注意してください)
  2. 入浴して清潔にします
  3. フットバスや洗面器にお湯をはり長時間足を浸けて爪や皮膚をふやかします
  4. 薬を塗ります
  5. 薬が塗られた爪を1本1本ラップで巻いていきます
  6. しばらく放置して薬の浸透を助けます

 

これを毎日繰り返すことで、治りにくい爪水虫でも、自宅で治すことができます。⇒詳しくはコチラをご覧ください

 

 

高校生が爪水虫になるということは、精神的にもとても辛いことでしょう。

 

しかし誰かに知られる前に、しっかりと自宅で治療してしまえば問題ありません。

 

爪水虫の治療は長期に渡りますが、継続することさえできれば、完治できるはずです。根気強く頑張ってください!

爪水虫最強ジェル


爪水虫最強ジェル

関連ページ

水虫になった中学生・高校生が誰にも知られずに自宅で治す方法
中学生や高校生が水虫になることは珍しいことではありません。しかし恥ずかしさもあって親にも友達にも相談しずらいですよね?だからと言って放っておいてはどんどん悪化して爪水虫になる可能性さえあります。そんな中学生・高校生の皆さんに、水虫を誰にも知られずに治す方法とお薬をご紹介します。
中学生や高校生の水虫予防とこっそり治療する方法
水虫は中年のおじさんがなるもの、というイメージがあると思いますが、中学生や高校生でも水虫になります。感染経路で最も多いのは家庭ですが、その他部室や教室でもうつる可能性は高いです。ここでは中学生や高校生の水虫予防や対策、自宅でこっそり治療する方法をご紹介します。
中学生や高校生の水虫は早期治療が大切!爪水虫へ悪化する恐怖とは?
中学生、高校生、女子高生など、若い子にも増えている水虫。日本人の5人に1人が水虫ですから、感染のリスクはそこら中にあります。しかし水虫になったとしても今では市販薬で十分治すことができます。怖いのは爪水虫に悪化させること。見た目の問題が大きくなって、学校で大変なことになることも…
中学生や高校生が水虫を予防するための日々の工夫
中学生、高校生、女子高生などの学生さんが学校生活の中で、水虫になりやすいポイントをご紹介、また水虫を予防するために日々できる工夫やケアなどを解説します。
文科省も注意を促すトリコフィトン・トンズランス感染症とは?
最近トリコフィトン・トンズランスという種類の白癬菌による皮膚真菌症の感染が増加傾向にあります。これは元々南アメリカに生息している白癬菌で、柔道や格闘技の選手の間での集団感染を機に日本にも入り込みました。文部科学省は学校で予防すべき感染症として注意を促しています。
爪水虫が恥ずかしい女子高生はクリアネイルショットで自宅治療
女子高生にも爪水虫になる人が増えているのはご存知でしょうか?爪水虫は水虫を放置していたり、悪化させたりすることで発症します。少し前までは飲み薬でしか治せないと言われていましたが、今ではクリアネイルショットが登場したおかげで、爪水虫の自宅治療が可能となったのです。

 
爪水虫や水虫の治療法や薬 爪水虫や水虫の原因や症状 爪水虫や水虫の予防法やケア 爪水虫を自分で治す方法 妊娠中の水虫・爪水虫治療や予防 お勧め治療薬ランキング