中学生・高校生の水虫を誰にもばれずに治す方法と薬

水虫になった中学生・高校生が誰にも知られずに自宅で治す方法

中学生の水虫治療

今までの水虫のイメージと言えば、『中年のおじさんがなるもの』、ではなかったでしょうか?

 

現在日本人の4〜5人に1人が水虫だと言われていて、その男女比は1対1、中学生や高校生にも患者が増えてきている傾向があるのです。

 

学校で集団生活を送っている学生さんにとって、教室や部室に水虫感染者がいれば、自分にうつるリスクはどうしても高まってしまいます。

 

中学や高校くらいの時に水虫になると、恥ずかしさが強く親にも友達にも知られたくないと悩んで、結局誰にも相談できないまま放置してしまうなんてことも多いと思います。

 

しかし放置して症状が悪化すれば、白癬菌が爪にまで感染し、とても治りにくい爪水虫になってしまう可能性が出てきます。

 

爪水虫になると爪が白く濁ったり、分厚く変形したり、酷くなると茶褐色になってボロボロと崩れてくるので、見た面の問題でもっと悩むことになるでしょう。

 

これからも明るく楽しい学校生活を送るために、早期治療することがとても大切になりますよ。

 

ここでは、インターネットで簡単に買えて、自宅で手軽に水虫を治すことができるお薬をご紹介しつつ、お薬の上手な使い方や、水虫を再発させないための自宅ケアも合わせて書いていきます。

水虫の感染メカニズムとは?治し方や日々のケア方法

中学生の水虫治療感染

水虫にはどのようにして感染するかご存知でしょうか。

 

水虫はカビの一種である白癬菌に感染することで症状を引き起こします。

 

では、白癬菌はどこにいるのか?それは水虫が歩いたりして皮膚が?がれ落ちると、そこに白癬菌が一緒にくっついていて、まき散らされていきます。それを踏んだり触ったりすることで白癬菌が自分に付着します。

 

しかし白癬菌が自分についても、すぐに水虫になる訳ではありません。一概には言えませんが、白癬菌は皮膚に付いてから24時間ほど掛かって角質層に入り込みますので、その間に洗い流してしまえば水虫になることはありません。

 

また白癬菌はジメジメと蒸れた状態を好むので、授業中や運動している間に汗をかいて足が蒸れると、増殖しやすくなってしまいます。

 

ですから、白癬菌が自分にくっついて、蒸れて洗い流されない状態が長く続くと、水虫になる可能性が高くなります。

 

 

中学生や高校生の水虫治療はネットで簡単に購入できて評価も高いクリアフットヴェールで!

クリアフットヴェール

すでに水虫になってお悩みであれば、当サイトでお勧めしている水虫を自宅で治療できる商品は、【クリアフットヴェール】です。

 

ネットで簡単に購入できて評価も高く、お届けはB5サイズのレターパックに入って、商品名ボディクリームとして届きますので、誰にも知られることなく水虫の自宅治療を開始することができます。

 

天然由来の成分で作られているので、副作用もほとんど無く、中学生でも安全にご使用できます(一般的に塗り薬は皮膚のかぶれが起こることがあります)。

 

クリアフットヴェール

社会的信頼のある会社(東証一部上場企業)が開発・販売しているので安心感もあり、使ってみて気に入らなければ返品してお金を返してもらうことができるので、試しやすい商品となっています。

 

クリアフットヴェールについてはコチラをご覧ください。

 

 

クリアフットヴェールの正しい使い方

クリアフットヴェールは、指と指の間のジュクジュクや、足の裏や側面の小さな水ぶくれなどの症状、またかゆみや皮膚の炎症などに効果を発揮します。

 

1日1回入浴後に、水分をふき取ってよく乾燥させてから、足全体に塗り広げてください。症状が出ているところだけではなく、出ていないところにも白癬菌が広がっていることもあるので、広めに塗ることをお勧めします。

 

治療は毎日根気よく継続してください。数週間ほどで効果を実感できると思いますが、再発を防ぐためにも症状が無くなった後、1〜2か月の間は治療を続けてください。

 

 

水虫を治して再発を防止するための毎日の自宅ケア

水虫は一度なると、再発しやすいと言われています。足の指と指の間が狭かったり、汗っかきな体質の人は、水虫になりやすいですので、お気を付けください。

 

前途の通り、水虫は清潔にしておくこと、乾燥させておくことで、かなり感染を防ぐことができますので、毎日の入浴はとても大切です。

 

また、部室やプールの更衣室など、皆さんが裸足になる場所には、ほぼ100%白癬菌がいると思って間違いないですから、そこから出た後はウエットティッシュなどで拭いてから、乾燥させることも重要です。

 

家に水虫の方がいる場合は、自分専用のスリッパを履いて移動するようにしてください。またバスマットやタオルは共有しないことも大切です。

 

それと、靴は毎日同じものを履くのではなく、できれば2〜3足用意して、ローテーションして履き替えることも水虫予防になります。

 

水虫になったら、とにかく早期に治療を開始することが大切です。爪水虫になると本当に辛いですから、その前に治してしまうことをお勧めします!

 

クリアフットヴェールについてはコチラをご覧ください。

 

*購入の際はご両親に必ず相談してください!

爪水虫最強ジェル


爪水虫最強ジェル

関連ページ

爪水虫の高校生が副作用なく自宅で安全に治療する方法
爪水虫は見た目の問題があるので、思春期の高校生にとっては、他人に知られることがとても恥ずかしいでしょう。また親御さんにとっては、肝臓に負担のかかる内服治療ではなく、副作用ない方法で治してあげたいことでしょう。ここでは爪水虫の安全な治し方や自宅ケアについてご紹介します。
中学生や高校生の水虫予防とこっそり治療する方法
水虫は中年のおじさんがなるもの、というイメージがあると思いますが、中学生や高校生でも水虫になります。感染経路で最も多いのは家庭ですが、その他部室や教室でもうつる可能性は高いです。ここでは中学生や高校生の水虫予防や対策、自宅でこっそり治療する方法をご紹介します。
中学生や高校生の水虫は早期治療が大切!爪水虫へ悪化する恐怖とは?
中学生、高校生、女子高生など、若い子にも増えている水虫。日本人の5人に1人が水虫ですから、感染のリスクはそこら中にあります。しかし水虫になったとしても今では市販薬で十分治すことができます。怖いのは爪水虫に悪化させること。見た目の問題が大きくなって、学校で大変なことになることも…
中学生や高校生が水虫を予防するための日々の工夫
中学生、高校生、女子高生などの学生さんが学校生活の中で、水虫になりやすいポイントをご紹介、また水虫を予防するために日々できる工夫やケアなどを解説します。
文科省も注意を促すトリコフィトン・トンズランス感染症とは?
最近トリコフィトン・トンズランスという種類の白癬菌による皮膚真菌症の感染が増加傾向にあります。これは元々南アメリカに生息している白癬菌で、柔道や格闘技の選手の間での集団感染を機に日本にも入り込みました。文部科学省は学校で予防すべき感染症として注意を促しています。
爪水虫が恥ずかしい女子高生はクリアネイルショットで自宅治療
女子高生にも爪水虫になる人が増えているのはご存知でしょうか?爪水虫は水虫を放置していたり、悪化させたりすることで発症します。少し前までは飲み薬でしか治せないと言われていましたが、今ではクリアネイルショットが登場したおかげで、爪水虫の自宅治療が可能となったのです。

 
爪水虫や水虫の治療法や薬 爪水虫や水虫の原因や症状 爪水虫や水虫の予防法やケア 爪水虫を自分で治す方法 妊娠中の水虫・爪水虫治療や予防 お勧め治療薬ランキング