妊婦さんの爪水虫予防と自宅で治す方法をご紹介

妊娠中の爪水虫は早期に自宅治療を開始して短期間で治す!

妊娠中の爪水虫の治療

妊娠するとホルモンバランスが乱れて体調に変化を生じます。特に妊娠初期のころは戸惑うことも多いのではないでしょうか。

 

また病気にかかりやすかったり、風邪が長引いたりということもあるかと思います。

 

これは妊娠すると体の免疫力が低下することが原因となっているのですが、他に水虫などの感染症にもかかりやすい状態ですから、ご注意ください。

 

妊娠中の水虫を予防するには、白癬菌が多くいる場所には行かないようにすること、毎日の入浴、そして裸足でいる時間を多くとることです。

 

また、すでに水虫や爪水虫にかかっている方は、出産までに治さなければと焦っていませんか?赤ちゃんにうつしたくないという気持ちは誰でも同じだと思います。

 

妊婦さんは病気を貰いやすいので病院に行きたがらない方が多いですから、ここでは爪水虫の自宅での治療法をご紹介していきます。

妊娠中の水虫予防と爪水虫の自宅治療をご紹介!

妊婦さんの水虫予防

水虫は白癬菌さえもらわなければ、かかることはありません。

 

白癬菌は水虫にかかっている人が保菌していて、裸足で歩いて皮膚が?がれ落ちたりすると、白癬菌も一緒に床にまき散らされます。

 

ですから妊婦さんは、不特定多数の人が裸足になるような場所には、極力行かない方がいいでしょう。

 

妊娠中の爪水虫の治療

具体的な場所
  • プール
  • スポーツジム
  • 岩盤浴
  • 温泉
  • スパー銭湯
  • 病院や公共施設

 

このような場所には、ほぼ100%白癬菌がいると思って間違いないので、必要な時以外は行かないようにするのがいいでしょう。

 

日々の水虫予防

水虫は基本的に、清潔で乾燥状態にしていれば、かかることはありません。

 

なぜなら、白癬菌がもし自分の皮膚にくっついても、24時間以内に洗い流してしまえば、水虫を発症することは無いと言われていますし、ジメジメした高温多湿の環境以外では、白癬菌は増殖しないからです。

 

ですから日々の生活で大切なのは、

  • 毎日の入浴
  • 裸足の時間を多くする
  • 毎日同じ靴は履かずに数足をローテーションさせる
  • 通気性の良い素材のストッキングや靴を選ぶ
  • 外出がら帰ったら足を洗う

 

以上のような毎日のケアが大切となります。

 

家族に水虫の人がいる場合は

もし家族に水虫の人がいたら、より注意しなければなりません。まずは、水虫にかかっている本人が水虫治療を開始すること、そして治すことが一番重要なのですが、そのほかに、

  • こまめな床掃除や水拭き
  • 移動はスリッパを使う
  • タイルやバスマットは共用しない
  • 水虫の方本人の他人にうつさないという自覚

 

このようなことが必要となりますので、水虫を広げないように家族でしっかり決まり事を作って実行されるのがいいでしょう。

 

足や爪に傷があるときは要注意

足に傷があると、そこから白癬菌が侵入しやすくなり24時間を待たずに、水虫を発症することがります。

 

また爪に亀裂や剥がれがあると、そこが弱点となって水虫への感染リスクが高まり、いきなり爪水虫に感染するケースもありますので、いつも以上の注意が必要となります。

 

 

妊婦さんの爪水虫の自宅治療

妊娠中の爪水虫の治療

爪水虫の妊婦さんは、病院で処方される内服薬での治療ができないので、外用治療をすることになります。

 

病院へ行っても結局、外用治療の選択肢しかないのであれば、市販の水虫薬で自宅治療することを選ぶ方も多いので、ここでは妊婦さんのための爪水虫の自宅治療やお薬の効果を最大限に引きだす方法をご紹介していきます。

 

市販の水虫薬選びについてはコチラコチラをご覧ください。

 

水虫に良く効くお薬はたくさん販売されていますが、こと爪水虫に関しては、【クリアネイルショット】のみが’爪’専用を謳っているのでお勧めです。

 

お薬の塗り方や効果を最大限に引き出す方法

今の水虫薬は、1日1回で十分効果を発揮するものが多いですので、お風呂上りの清潔で皮膚や爪がふやけた状態で塗布するのが最も効果的です。

 

また硬い爪に有効成分を良く浸透させるために、ODT療法(密閉療法)の併用も効果的です。

 

ODT療法は尿素クリームやサリチル酸ワセリンなどを爪に塗り、ラップなどで包み込んで置いておくことで、爪を柔らかくしてお薬を浸透させやすくします。

 

ODT療法について詳しくはコチラをご覧ください。

 

爪水虫のレーザー治療

妊婦さんでも安全に行うことができる爪水虫の治療法に、レーザー光線の照射熱で白癬菌を殺菌する方法もあります。

 

ただし日本では認可されていない方法となるため、保険適用がなく治療費は自己負担となってしまうのですが、アメリカでは認可されていて実績のある治療方法となっています。

 

爪水虫のレーザー治療についてはコチラをご覧ください。

 

 

まとめ

妊婦さんの爪水虫治療は、赤ちゃんにうつしたくない一心で、どうしても焦りがちになります。

 

しかし治療さえ開始していれば、白癬菌の感染能力は大幅に低下しますので、必要以上に心配することはありませんよ。

 

爪水虫の治療は半年から1年以上と長期に渡るので、出産に間に合わない可能性もありますが、毎日根気よく治療を継続することが逆に完治への近道となることもあるので、ODT療法を併用しながら、日々のケアを心がけてください。

爪水虫最強ジェル


爪水虫最強ジェル

関連ページ

クレナフィン爪外用液は妊娠中や授乳中でも使える?赤ちゃんへの影響は?
授乳中の方が爪水虫で病院に行くと処方されるのがクレナフィン爪外用液です。しかし授乳中の方にとっては外用薬であっても、赤ちゃんへの影響が気になるものです。クレナフィン爪外用液は本当に授乳中の方でも安心して使えるのでしょうか?
妊娠中や授乳中の爪水虫治療がやっかいな理由
妊娠中や授乳中の方が爪水虫を治療する場合、内服治療ができませんので、治癒率は落ちますが外用薬で治していくことになります。その理由と完治へのコツを書いていきます。
妊活中の爪水虫治療は外用薬を使わないとダメな理由
妊娠を希望している妊活中の奥様必見!もし爪水虫治療も同時にしようとお考えなら、内服治療は止めてください。外用薬で安全に治しましょう。内服薬が胎児に与える影響を妊娠期間別にご紹介します。
妊娠中や授乳中の方の爪水虫治療4種類まとめ
爪水虫治療で内服薬が使えない妊婦さんや授乳中の方ために、爪水虫の治し方をご紹介します。お腹の赤ちゃんに影響のないお薬はどれ?授乳中でも安全に治療できる方法は?というご質問にお答えしていきたいと思います。
妊婦さんの水虫の治し方_再発を防いで赤ちゃんを守るには?
妊娠中は体の免疫力が低下するので、いつも以上に病気や感染症にかかりやすくなるんです。水虫だって例外じゃありません。もし妊娠中に水虫のなってしまっても、放置しないですぐに自宅治療を開始しましょう。再発防止がポイントです!お薬や自宅ケアをご紹介します。
爪水虫が治らないまま妊娠したときの自宅での治療法
爪水虫の人が妊娠した途端に、早く治さなければと焦り出すケースがあります。生まれてくる赤ちゃんには絶対にうつしたくない、自分と同じような辛い思いをさせたくないという親心ですね。しかし妊娠したということで内服治療は受けられなくなっていますので、妊婦さんのための爪水虫の自宅治療の方法について書いていきます。
妊婦さんは免疫力が低下しているので水虫になりやすい?
妊娠すると体の免疫力が低下すると言われています。ですから妊婦さんは病気や感染症にかかりやすくなります。ではもし妊娠中に水虫になってしまったらどうすればいいでしょうか?ここでは妊婦さんが水虫になったときの注意点や治し方をご紹介します。
妊娠を考えている方の爪水虫治療にはどのような方法があるのか?
爪水虫を患っている方が妊娠を考え始めた時には、どのような方法で治療をするのが良いのでしょうか?治してから妊娠するのか、妊活しながら治すのか、によって治療方法は大きく違ってきます。選択肢について書いています。
妊娠中に爪水虫やかかと水虫を塗り薬で治す方法
妊娠中の爪水虫やかかと水虫の治療には、内服薬が使えません。しかし出産までになんとかして治したいと思っている方は多いのではないでしょうか。ここでは妊娠中の爪水虫やかかと水虫治療を、塗り薬の効果を高めることによって治療する方法をご紹介していきます。
妊娠中の爪水虫を副作用なく治す方法をご紹介!
妊娠中の爪水虫治療は、副作用の関係上、治癒率の高い内服薬は使えません。ですから治療法は外用治療か、保険適応外のレーザ治療ということになります。妊婦さんが最も気になる副作用の観点から、赤ちゃんにも安全な治療法をご紹介します。

 
爪水虫や水虫の治療法や薬 爪水虫や水虫の原因や症状 爪水虫や水虫の予防法やケア 爪水虫を自分で治す方法 妊娠中の水虫・爪水虫治療や予防 お勧め治療薬ランキング