授乳中にクレナフィン爪外用液を使って爪水虫を治すのは赤ちゃんには危険?

クレナフィン爪外用液は妊娠中や授乳中でも使える?赤ちゃんへの影響は?

クレナフィン爪外用液

2014年に、日本で初めて認可された爪水虫用外用薬が、【クレナフィン爪外用液】です。

 

それまでは爪水虫治療薬として認可を受けていたのは、内服薬のみでした。

 

もちろん水虫用のお薬は以前から認可を受けた外用薬がありましたが、こと爪水虫に関しては塗って治す難しさから、認可される外用薬は登場してきませんでした。

 

しかし2017年現在では、2種類の爪水虫用の外用薬が認可されています。(*市販はされていません。病院での処方のみです)

 

外用薬が爪水虫治療の選択肢として加わったことで、内服治療が困難だった方にも治療の希望が見えたことは素晴らしいことだと思いますが、一方で、妊娠中や授乳中の方にとっては、いくら塗って治すお薬だからと言っても、赤ちゃんへの影響に不安を感じたり、本当に安心して使っていいのかについて、お悩みの方も多くいることと思います。

 

ここでは、そんな不安についてお答えするために、調査して検証していきます。

クレナフィン爪外用液の効果と赤ちゃんへの影響について

まず皆さんが最も気になっている、胎児や赤ちゃんへの影響について調べました。

 

クレナフィン爪外用液を開発・販売している、科研製薬株式会社のホームページでは、妊娠中や授乳中の場合の赤ちゃんへの影響について、以下のように書かれています。

 

妊婦・産婦・授乳婦への投与は可能かについて

 

1、妊婦又は妊娠している可能性のある方には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与してください。《使用経験はなく、妊娠中の投与に関する安全性は確立していません

 

2、授乳中の方には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与してください。《動物実験(ラット皮下投与)で乳汁中へ移行することが報告されています

 

*爪に塗布したエフィナコナゾールは血中へはほとんど移行しないため、妊娠への影響が発現する可能性は低いと考えられるものの、妊婦や授乳婦を対象とした臨床試験は実施しておらず、安全性が確立していないため、注意喚起しています。

 

小児への投与は可能かについて

 

低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する安全性は確立していません。《使用経験がありません》

 

小児を対象とした臨床試験は実施しておらず、安全性が確立していないため、注意喚起しています。

 

 

クレナフィン爪外用液の胎児や赤ちゃんへの影響

クレナフィン爪外用液の赤ちゃんへの影響

上記の販売会社の説明では、動物実験(ラット皮下投与)では、乳汁中へ移行することが報告されていますが、爪に塗布したクレナフィン爪外用液は血中へはほとんど移行しないため、胎児や母乳を飲む赤ちゃんへの影響はほとんど無い、と理解することができます。

 

しかし妊婦さんや授乳婦さんを対象とした臨床試験は実施していないため、実際には安全性は確立されていない、とも言っています。

 

要するに、『実際に妊婦さんや授乳婦さんで試したわけではないが、外用薬が血中に移行することはほとんど無いので胎児や母乳を飲む赤ちゃんに問題ないだろう』、と言いつつ、『安全性は保障しませんよ』、と保険を掛けています。

 

安全性は保証できないけど、胎児や赤ちゃんに影響が及ぶことはほとんど無い、ということなのでしょう。

 

いかがでしょう、この説明を聞いて安心して、じゃあ使おう!と思えますか?

 

使用の判断は最終的には個人の選択になるので、治療費用についても書いておきます。

 

クレナフィン爪外用液の値段

クレナフィン爪外用液は1本(4ml)の定価が5,900円です。3割負担の方でお支払いは約1,800円となります。

 

どのくらいの量が必要なのかは、公式ページによると、『使用量は、患者さんの罹患爪の数や爪の大きさによって異なると考えられます。参考として、クレナフィンを塗布した患者さんの平均罹患爪数は3.8枚であり、2週間の平均使用量は約2.5mLでした』、とあります。

 

爪3枚で1か月1本必要になるくらいの計算になりますから、両足で6枚くらいの爪を治したいのであれば、毎月2本必要となり、薬代だけで約3,600円かかります。

 

これにプラスして、毎月の診察料や交通費なども掛かってきますから、月に2本使った場合の毎月の治療費はだいたい5,000円くらいになるでしょうか。

 

 

当サイトお勧めのクリアネイルショットなら妊婦さんや授乳婦さんでも安心・安全

販売会社の説明ではクレナフィン爪外用液の安全性が心配な方、また毎月の治療費が高額になることや、毎月の診察が大変だと思われる方には、当サイト一押しの爪水虫治療ジェル【クリアネイルショット】がお勧めです。

 

天然由来の成分で作られていて、胎児や母乳を飲んでいる赤ちゃんにも安心して使用できます。

 

またクリアネイルショットは、その効果が論文として『医学と薬学』という医学誌に紹介されるほど、信頼できる商品であるということもお勧めできるポイントになっています。

 

詳しい説明や治療費については下のリンクをご確認ください。

爪水虫最強ジェル


爪水虫最強ジェル

関連ページ

妊娠中の爪水虫は早期に自宅治療を開始して短期間で治す!
妊娠中は体の免疫力が低下したり、ホルモンバランスが崩れたりするので、病気にかかりやすい状態になっています。水虫や爪水虫も例外ではありませんよ。ここでは妊娠中の爪水虫予防や、自宅での治し方について書いています。
妊娠中や授乳中の爪水虫治療がやっかいな理由
妊娠中や授乳中の方が爪水虫を治療する場合、内服治療ができませんので、治癒率は落ちますが外用薬で治していくことになります。その理由と完治へのコツを書いていきます。
妊活中の爪水虫治療は外用薬を使わないとダメな理由
妊娠を希望している妊活中の奥様必見!もし爪水虫治療も同時にしようとお考えなら、内服治療は止めてください。外用薬で安全に治しましょう。内服薬が胎児に与える影響を妊娠期間別にご紹介します。
妊娠中や授乳中の方の爪水虫治療4種類まとめ
爪水虫治療で内服薬が使えない妊婦さんや授乳中の方ために、爪水虫の治し方をご紹介します。お腹の赤ちゃんに影響のないお薬はどれ?授乳中でも安全に治療できる方法は?というご質問にお答えしていきたいと思います。
妊婦さんの水虫の治し方_再発を防いで赤ちゃんを守るには?
妊娠中は体の免疫力が低下するので、いつも以上に病気や感染症にかかりやすくなるんです。水虫だって例外じゃありません。もし妊娠中に水虫のなってしまっても、放置しないですぐに自宅治療を開始しましょう。再発防止がポイントです!お薬や自宅ケアをご紹介します。
爪水虫が治らないまま妊娠したときの自宅での治療法
爪水虫の人が妊娠した途端に、早く治さなければと焦り出すケースがあります。生まれてくる赤ちゃんには絶対にうつしたくない、自分と同じような辛い思いをさせたくないという親心ですね。しかし妊娠したということで内服治療は受けられなくなっていますので、妊婦さんのための爪水虫の自宅治療の方法について書いていきます。
妊婦さんは免疫力が低下しているので水虫になりやすい?
妊娠すると体の免疫力が低下すると言われています。ですから妊婦さんは病気や感染症にかかりやすくなります。ではもし妊娠中に水虫になってしまったらどうすればいいでしょうか?ここでは妊婦さんが水虫になったときの注意点や治し方をご紹介します。
妊娠を考えている方の爪水虫治療にはどのような方法があるのか?
爪水虫を患っている方が妊娠を考え始めた時には、どのような方法で治療をするのが良いのでしょうか?治してから妊娠するのか、妊活しながら治すのか、によって治療方法は大きく違ってきます。選択肢について書いています。
妊娠中に爪水虫やかかと水虫を塗り薬で治す方法
妊娠中の爪水虫やかかと水虫の治療には、内服薬が使えません。しかし出産までになんとかして治したいと思っている方は多いのではないでしょうか。ここでは妊娠中の爪水虫やかかと水虫治療を、塗り薬の効果を高めることによって治療する方法をご紹介していきます。
妊娠中の爪水虫を副作用なく治す方法をご紹介!
妊娠中の爪水虫治療は、副作用の関係上、治癒率の高い内服薬は使えません。ですから治療法は外用治療か、保険適応外のレーザ治療ということになります。妊婦さんが最も気になる副作用の観点から、赤ちゃんにも安全な治療法をご紹介します。

 
爪水虫や水虫の治療法や薬 爪水虫や水虫の原因や症状 爪水虫や水虫の予防法やケア 爪水虫を自分で治す方法 妊娠中の水虫・爪水虫治療や予防 お勧め治療薬ランキング