妊婦さんや授乳中の方の爪水虫の治し方のすべて

妊娠中や授乳中の方の爪水虫治療4種類まとめ

妊婦さんや授乳中の方の爪水虫治療

爪水虫でお困りの妊婦さんや授乳中の方は、なかなか治らないことに焦ったり、どうやって治療したらいいのか分からないなどのお悩みを抱えています。

 

通常であれば、爪水虫治療の第一選択は、内服治療ということになるのですが、

  • 妊娠中の方
  • 妊娠の可能性のある方
  • 授乳中の方
  • 肝機能に問題のある方
  • 過去に肝機能障害や血液疾患の副作用が出た方
  • 併用禁忌薬を服用している方 など

 

これらの方々には、お医者さんは内服薬は処方することができなくなっています。

 

内服治療ができないとなれば、外用薬での治療をするほかないということになるので、今回は妊婦さんや授乳中の方のための爪水虫治療法についてまとめます。

妊娠中や授乳中の爪水虫治療は外用薬で!

妊婦さんや授乳中の方の爪水虫治療薬

巷に水虫薬はたくさんありますが、実は爪水虫に特化した治療薬はあまりないことをご存知でしょうか?

 

確かに水虫も爪水虫も、原因は同じ白癬菌ですから、水虫治療薬に含まれている有効成分は、爪水虫にも効果を発揮します。

 

しかし爪水虫の場合、爪の中や下に有効成分を浸透させなければいけないので、これをクリアできる薬が少ないという理由から、多くの水虫薬は爪水虫専用治療薬とは謳っていません。

 

それでも2014年以降、爪水虫に特化した薬や商品が開発され、認可を受けたものもありますのでご紹介していきます。

 

妊婦さんや授乳中の方のお勧めの爪水虫治療薬 ベスト1

クリアネイルショット

当サイト一番のお勧めの治療薬は、【クリアネイルショット】です。

 

この商品は実は、いわゆる医療薬ではないので、薬とは呼べないのですが、有効性は折り紙付きで、医学総合月刊誌である『医学と薬学』という雑誌に、その実績が紹介されたほどなのです!

 

開発・販売は北の達人コーポレーションという聞きなれない会社ですが、東証一部上場企業なので社会的信用があります。

 

クリアネイルショットの評判

クリアネイルショットは【爪水虫専用】の浸透力特化型で、爪の中や下に潜んでいる白癬菌に有効成分を届けることができます。天然由来成分で作られていて妊婦さんや授乳中の方にも安心・安全なジェルタイプの商品となっています。

 

使った後でも気に入らないときは全額返金保証付きで返品できますし、コストパフォーマンスも高い商品です。

 

詳しくはコチラをお読みください。

 

妊婦さんや授乳中の方のお勧めの爪水虫治療薬 ベスト2

二番目にお勧めするのは、病院でしか手に入らないお薬2種類で、2014年以降認可された、【正真正銘の爪水虫専用の治療薬】です。

 

クレナフィン爪外用液

1、クレナフィン爪外用液・・・科研製薬で新しく開発されたエフィナコナゾールを有効成分としています。エフィナコナゾールは爪の成分であるケラチンとの親和性が低いので、爪に吸収されることなく浸透していくことができるという特徴を持っています。

 

ルコナック爪外用液

2、ルコナック爪外用液・・・ルリコナゾールを有効成分としているお薬です。有効成分を高濃度で配合していて、爪に対する透過性と貯留性が高められています。

 

詳しくはコチラをお読みください。

 

2つとも、今のところはお医者さんの処方がないと入手できないお薬なので、興味がある方は皮膚科でご相談されるといいでしょう。少々高額です。

 

妊婦さんや授乳中の方のお勧めの爪水虫治療薬 ベスト3

三番目は市販の水虫薬です。

 

市販の水虫薬には、爪水虫専用のものはありませんので、水虫薬を爪水虫治療に代用するという形になります。

 

数多く市販されている水虫薬なので、どれを選べばいいのか分からないと言う方も多いと思いますが、ポイントは1つだけです。

 

スイッチOTC薬の中でも、成分の新しいタイプのお薬をお選びください。(スイッチOTC薬とは⇒コチラ

 

新しい成分4種類はこちら

1、ラノコナゾール
2、アモロルフィン
3、テルビナフィン
4、ブテナフィン

 

この4種類は、医療用からスイッチされた最新の有効成分ですので、白癬菌に対する効き目が、それまでのものよりも格段にアップしています。

 

安価なものには成分が古いお薬が多いですから、選択肢から外して頂いても大丈夫です。特別な理由がなければ使う必要はないと思います。

 

詳しくはコチラをお読みください。

 

市販の水虫薬で治療する場合は、肥厚した爪をできるだけ薄く削るなどして、有効成分が浸透しやすいように工夫してください。

 

お薬の効果を高める、ODT療法という方法もありますので、詳しくはコチラをお読みください。

 

妊婦さんや授乳中の方のお勧めの爪水虫治療法 ベスト4

レーザー治療

最後にお勧めするのはお薬ではなく、レーザーを使って爪水虫を治療する方法です。

 

この方法が4番目なのは厚生労働省による認可がないため、保険適応外であることが理由です。しかしアメリカではFDAによって認可されている一般的な爪水虫治療法で、有効性も認められています。

 

治療費は自己負担となってしまいますが、治療時の痛みもほとんどなく安全性も高いため、妊婦さんや授乳中の方にはとても向いている治療法であると言えます。

 

詳しくはコチラをお読みください。

 

 

まとめ

爪水虫を塗り薬で治すのは、とても困難です。

 

治療期間が長く、薬代もかさみ、なにより根気が必要となります。

 

しかし妊婦さんや授乳中の方にとって、赤ちゃんに水虫をうつしてしまう前に爪水虫を完治させたいと思うのは、当然の親心です。

 

今や外用薬の効果はとても進歩していますので、効き目を信じて治療を継続してください。治った時の爽快感は素晴らしいですから。

爪水虫最強ジェル


爪水虫最強ジェル

関連ページ

妊娠中の爪水虫は早期に自宅治療を開始して短期間で治す!
妊娠中は体の免疫力が低下したり、ホルモンバランスが崩れたりするので、病気にかかりやすい状態になっています。水虫や爪水虫も例外ではありませんよ。ここでは妊娠中の爪水虫予防や、自宅での治し方について書いています。
クレナフィン爪外用液は妊娠中や授乳中でも使える?赤ちゃんへの影響は?
授乳中の方が爪水虫で病院に行くと処方されるのがクレナフィン爪外用液です。しかし授乳中の方にとっては外用薬であっても、赤ちゃんへの影響が気になるものです。クレナフィン爪外用液は本当に授乳中の方でも安心して使えるのでしょうか?
妊娠中や授乳中の爪水虫治療がやっかいな理由
妊娠中や授乳中の方が爪水虫を治療する場合、内服治療ができませんので、治癒率は落ちますが外用薬で治していくことになります。その理由と完治へのコツを書いていきます。
妊活中の爪水虫治療は外用薬を使わないとダメな理由
妊娠を希望している妊活中の奥様必見!もし爪水虫治療も同時にしようとお考えなら、内服治療は止めてください。外用薬で安全に治しましょう。内服薬が胎児に与える影響を妊娠期間別にご紹介します。
妊婦さんの水虫の治し方_再発を防いで赤ちゃんを守るには?
妊娠中は体の免疫力が低下するので、いつも以上に病気や感染症にかかりやすくなるんです。水虫だって例外じゃありません。もし妊娠中に水虫のなってしまっても、放置しないですぐに自宅治療を開始しましょう。再発防止がポイントです!お薬や自宅ケアをご紹介します。
爪水虫が治らないまま妊娠したときの自宅での治療法
爪水虫の人が妊娠した途端に、早く治さなければと焦り出すケースがあります。生まれてくる赤ちゃんには絶対にうつしたくない、自分と同じような辛い思いをさせたくないという親心ですね。しかし妊娠したということで内服治療は受けられなくなっていますので、妊婦さんのための爪水虫の自宅治療の方法について書いていきます。
妊婦さんは免疫力が低下しているので水虫になりやすい?
妊娠すると体の免疫力が低下すると言われています。ですから妊婦さんは病気や感染症にかかりやすくなります。ではもし妊娠中に水虫になってしまったらどうすればいいでしょうか?ここでは妊婦さんが水虫になったときの注意点や治し方をご紹介します。
妊娠を考えている方の爪水虫治療にはどのような方法があるのか?
爪水虫を患っている方が妊娠を考え始めた時には、どのような方法で治療をするのが良いのでしょうか?治してから妊娠するのか、妊活しながら治すのか、によって治療方法は大きく違ってきます。選択肢について書いています。
妊娠中に爪水虫やかかと水虫を塗り薬で治す方法
妊娠中の爪水虫やかかと水虫の治療には、内服薬が使えません。しかし出産までになんとかして治したいと思っている方は多いのではないでしょうか。ここでは妊娠中の爪水虫やかかと水虫治療を、塗り薬の効果を高めることによって治療する方法をご紹介していきます。
妊娠中の爪水虫を副作用なく治す方法をご紹介!
妊娠中の爪水虫治療は、副作用の関係上、治癒率の高い内服薬は使えません。ですから治療法は外用治療か、保険適応外のレーザ治療ということになります。妊婦さんが最も気になる副作用の観点から、赤ちゃんにも安全な治療法をご紹介します。

 
爪水虫や水虫の治療法や薬 爪水虫や水虫の原因や症状 爪水虫や水虫の予防法やケア 爪水虫を自分で治す方法 妊娠中の水虫・爪水虫治療や予防 お勧め治療薬ランキング