爪水虫は簡単には治らない!?自分で自宅で治すには根気と継続?

爪水虫は簡単には治らない!?自分で治すために必要なのは根気と継続?

爪水虫治療

一度かかると、治療がとても困難な爪水虫!

 

あまり気にせず放置していたら、見た目がすごいことになってきて、今まで何で放っておいたのかと今更ながらに後悔…という方は多いでしょう。

 

爪水虫の問題は、『痒くて辛い』ではなく、『見た目が悪くて恥ずかしい』なのです!

 

初めて爪水虫にかかった人は、ここの認識が甘いので、平気で『放置』という、恐ろしい行動を取ってしまうのです。

 

そして放置した挙句の、大きな後悔…

 

見た目が悪い…治らない…恥ずかしい…サンダル履けない…夏なんて嫌い…他人に会いたくない…

 

残念ながら、このような負のスパイラルに引きずり込まれて行くのです。

 

爪水虫を治すのに必要なのは『根性や忍耐』だけなのか?

爪水虫はなぜ治療が大変なの?

爪水虫を治すのが難しい理由は、薬を硬い爪の中や下に透過させることができないから。

 

薬を爪に透過させないと、その中にいる白癬菌をやっつけることはせきません。でも大体の外用薬はそんなことできないのです。

 

市販の水虫薬だって一緒で、皮膚の水虫には効くけど、爪の水虫にはほとんど効かないと思ってもらってもいいでしょう。

 

なにせ、爪水虫の専用薬が日本で初めて認可されたのは2014年のことで、意外と最近なんですよ?それまでは爪水虫に効く外用薬なんてなかったのですから。

 

こんなに医学が発達しても、爪水虫一つ外用薬では治せない、という現実があったのですね。

 

 

爪水虫は内服治療が一番お手軽

では、爪水虫の治療はどのようにして行われてきたのでしょうか?

 

それは内服治療です。お薬を飲んで、体の内側から菌をやっつける、という方法です。

 

ひと昔前までは、毎日治るまで薬を飲み続ける方法しかなかったのですが、最近では、パルス療法といって、3か月のうちの21日間だけ薬を服用すれば良い、という内服治療も開発されて、患者さんの負担も幾分減ったように思います。

 

⇒詳しくはコチラをご覧ください

 

内服治療は、長年治らないと言われていた爪水虫を、治すことができる画期的な方法として、世に広まりました。ノーベル賞ものです。

 

薬を飲むだけで、それ以外特に自宅ですることもないので、まさにお手軽です。

 

 

内服治療を望まない人とは?

このように画期的な治療法だったので、内服治療はすぐに、病院での爪水虫治療の第一選択となっていきました。

 

しかし同時に副作用という問題点も顕著になっていったのです。

 

抗真菌剤の内服薬は、肝臓や腎臓、また血液疾患の副作用を引き起こすケースが出てきました。

 

また、爪というごく小さな部位の治療のために、抗真菌剤を全身投与するということに、抵抗を感じる人も増えてきました。

 

肝臓や腎臓が悪い人や、妊婦さんや授乳中の方には内服治療は使えず、また自ら望まない人も、このような理由で増えているのです。

 

 

結局は根性と忍耐で塗って治すことに…

爪水虫治療

内服治療ができない、望まないということになると、残るは外用治療ということになります。

 

今では爪水虫専用の外用治療薬もあるので、治らないことはないと思います。ただ、時間と根気と忍耐と継続が必要で、甘くないです。

 

薬は治療のサポートをする、といった感じで、最も大切なことは、毎日継続する忍耐力なのです。

 

内服治療のように、薬を飲んでさえすれば良い、なんてことはありません。やらなければいけないことは、

  • 爪を削って
  • 柔らかくふやかして
  • 薬を塗って
  • 清潔に保って乾燥させる

 

この作業を、治るまで続けなければならないのです。甘くはありません…

 

外用治療の場合、『根気と忍耐で治療を継続していく過程において、薬の位置づけは、その努力をサポートして治療を手伝ってくれる存在である』、というのが私の経験から出た答えです。

 

 

貴方の根性と忍耐をサポートするのが水虫薬

爪水虫の外用治療を成功させるポイントは、薬を塗る前の準備にあります!

 

これは、爪を削る作業と、爪をふやかす作業の2つになります。⇒詳しくはコチラをご覧ください

 

薬はこの下準備があって、初めて効果を発揮できますので、大切なのは、薬を塗る前にいかに薬が浸透しやすい状態を作るかにあります。

 

根性と忍耐で継続してもらいたいのは、『爪を削ってふやかす』、という作業なのです。薬は確かに白癬菌をやっつける働きがありますが、この下準備なしで、薬単独での効果はあまり期待できないと、私は経験上思っています。

 

爪水虫を自宅で自分で治そうと思っていらっしゃるのであれば、このことだけはお忘れの無いようにお願いします。

爪水虫最強ジェル


爪水虫最強ジェル

関連ページ

水虫の塗り薬でおすすめ商品を紹介!市販薬で自宅治療
水虫を自宅で治したいと思っている方は多いはず!本当は病院に行くべきだけど時間がなかったり、恥ずかしいと思う方はたくさんいます。ここでは水虫のお薬の中で当サイトおすすめの商品を紹介しつつ、自宅で水虫を治す方法を書いています。
爪水虫で病院に行くのが恥ずかしい人のための自宅で治す方法
爪水虫になって最も辛いことは、その汚い見た目にあると思います。見た目が悪いために裸足になれないし、夏場にサンダルも履けません。他人にバレたくない、見られたくないと思うあまり病院に行くのもためらってしまっている方も多いでしょう。自宅での爪水虫の治し方をご紹介します。
爪水虫の治療はクレナフィンが効果的?外用薬で自宅治療
薬の開発によって、爪水虫の治療は内服治療から外用治療へと変化してしてきています。中でもクレナフィン爪外用液やルコナック爪外用液は爪水虫薬として認可されていますが、果たして効果はあるのでしょうか?クリアネイルショットについてもご紹介します。
爪水虫を自分で治すための治療法や治療期間をご紹介
爪水虫を自分で自宅で治すためには、爪水虫専用に開発されたお薬を使うのが一番。内服治療に不安があったり、できるだけお金が掛からない方法を知りたい方のために、爪水虫を自分で治すためのお薬や値段、治療期間などをご紹介します。
クリアネイルショットで自宅で誰にも気づかれずに爪水虫を治す方法
爪水虫を治す方法はいくつかありますが、自宅で自分で治したいという方も実は多いんです。爪水虫は見た目の問題もあって、人に見せたくないとか恥ずかしいと感じる人がたくさんいます。家族にも友人にも知られず、クリアネイルショットを使ってひっそりと爪水虫を治す方法をお伝えします。
爪水虫を予防する方法と初期のうちに治す方法
爪水虫はとても治りにくい病気なので、できればなりたくないものです。どんな状況で爪水虫になるのかを解説し、予防する方法と注意点を書いていきます。また爪水虫の初期症状を捉えて治療がしやすいうちに治す方法もご紹介します。
爪水虫を自宅で自分で治す方法をお教えします!
私がかつて成功した、爪水虫を自宅で自分で治す方法をお教えしたいと思います。方法としては削る→ふやかす→クリアネイルショットを塗る、を毎日繰り返します。爪水虫の治療はとても根気が必要ですが、定期的に写真に撮るなどして、変化を実感しながら取り組むことで、自分への励みになるでしょう。
爪水虫が恥ずかしくて目立たなくしたい人のための対処法
爪水虫は爪がデコボコしたり、白く濁ったり、縦にスジが入ったりするので、見た目の問題がどんどん大きくなっていき、とにかく他人に見られるのが恥ずかしいという想いが増していきます。そんな時の爪水虫の症状を目立たなくする処置や治し方を書いています。
水虫を自宅で早く治す方法とは?再発を防ぐための日常生活での注意点
気が付いたら水虫になっていた、という方は多いはずです。しかし初期の水虫であれば市販薬でも比較的早く治すことが可能ですので、早く治したいのであれば、早期に治療にとりかかりましょう。ただ水虫治療の最大のポイントは再発防止にあるのですよ。
爪水虫が治らない理由を考察しながら治療法を考えてみる
爪水虫が全く治らなくて真剣に悩んでいる方は本当に多いと思います。ではなぜあなたの爪水虫は治らないのでしょうか?考えられる理由をいくつか紹介しながら、ではどうすれば治るのかについて考えていきたいと思います。
爪水虫を自分で治すための市販の水虫薬はどれ?
爪水虫を治したいけど、病院に行く時間がないとか、病院に行くのが恥ずかしいとかの理由で、自宅で自分で市販の水虫薬で爪水虫を治そうとしている方にお勧めの水虫薬をご紹介します。自宅でできる簡単水虫ケアもありますよ!
爪水虫を自分で治すために重曹の使用は効果があるのか?
爪水虫を自宅で自分で治すための民間療法として、重曹を使った方法がしばしば取り上げられていますが、実際のところ効果はあるのでしょうか。重曹の基礎知識と、爪水虫治療への応用方法などをご紹介していきます。
爪水虫を自分で治すためのおススメの市販薬は?
爪水虫って自分で治せるの?おススメの市販薬ってある?自宅で爪水虫を治すために他に自分でできる方法ってある?などの悩みにお答えしていきます。

 
爪水虫や水虫の治療法や薬 爪水虫や水虫の原因や症状 爪水虫や水虫の予防法やケア 爪水虫を自分で治す方法 妊娠中の水虫・爪水虫治療や予防 お勧め治療薬ランキング