爪水虫を予防する方法と初期症状での治療法

爪水虫を予防する方法と初期のうちに治す方法

爪水虫の予防

一度かかると完治させるのが、とても大変な爪水虫!できればかかりたくないものです。

 

爪水虫の治療には、内服薬が使われるのが一般的には多いのですが、体の最も端っこにある爪部に有効成分を届けるために、抗真菌剤を全身投与しなければならず、体の他の部分への負担を心配する声は、とても多いのです。

 

いったいどのような状況で、爪水虫にかかるのでしょうか?

 

爪水虫の認知度は、実はそんなに高くなくて、テレビのCMで紹介されるようになったことで、初めて爪水虫を知ったという方も多いようです。

 

どこでどのように白癬菌を貰うのか、またどのような場合に爪に感染するのか、そして初期の症状はどのようなものなのか、ということについて、知っていて損はありません。

 

ここでは爪水虫にならないために、普段どのようなことに気を付けなければならないか、また実際に爪水虫になってしまったら、どのような治療を行うべきか、そして爪水虫の初期の症状がどのようなものであるかについて、ご紹介していきたいと思います。

爪水虫にかかる過程と予防法・初期状態での治し方など

もともと足水虫があってそれが悪化して爪水虫に発展するケース

実は爪水虫になる人は、もともと足水虫にかかっていることがほとんどです。

 

足水虫にかかっている人が適切な処置をせず放置したり、しっかり治療をしていない場合、徐々に悪化して症状が進行することで、爪水虫になるケースが多いのです。

 

足に水虫の症状のある方、例えば、

  • 足の指と指の間がジュクジュクしていて痒みがある
  • 足の裏や側面に小さい水ぶくれができていて痒い
  • かかとの角質がカサカサして硬くなってきた

 

このような症状は、水虫の典型的な症状ですから、異常を感じたら放っておかないで、すぐに治療を始めることが大切です。

 

水虫は決して自然治癒しませんので、放っておくと確実に悪化します。水虫にかかった皮膚は、バリア機能が弱くなっているので、爪水虫になるだけではなく、他の感染症などに二次感染する恐れもあって危険です。

 

⇒怖い二次感染についてはコチラをご覧ください。

 

どこで白癬菌をもらいやすいか

爪水虫の予防

今や日本人の4人から5人に1人が水虫と言われるほど。自分たちの周りにはたくさん水虫の人がいて、水虫の原因となる白癬菌をまき散らしているかもしれません。

 

このような状況では、一日中家にこもってない限り、完全に白癬菌のない生活を送ることは難しいでしょう。

 

しかし、白癬菌が多くいる場所を知っていれば、避けることは可能です。

 

白癬菌は基本的に不特定多数の人が裸足になるところに多くいます。例えば、

  • ゴルフ場の大浴場やスーパー銭湯
  • プールやスパ、岩盤浴
  • トレーニングジムやヨガ教室
  • 病院や公共施設のスリッパ

 

このような場所には、ほぼ100%白癬菌がいると思って間違いありません。

 

爪水虫の予防法

爪水虫を予防するには、まず、すでに足水虫にかかっている人であれば、すぐに治療を開始することです。

 

その際適切な薬を、正しい塗り方で使用することが大切です。治療を開始すれば、白癬菌の感染力は弱まりますが、あまり長引かせると爪水虫の発展する可能性があるのでご注意ください。

 

市販の水虫薬を選ぶ際は、最新のスイッチOTC薬の中から選んでください。⇒正しい市販薬の選び方はコチラ

 

また、薬局で水虫薬を買うのが恥ずかしい方には、ネットで購入できる良い商品があります⇒詳しくはコチラをご覧ください

 

今の水虫薬は、1日1回で効果の出るものがほとんどです。入浴後清潔な時に、よく乾燥させた状態で使用するのが最も効果的です。また入浴の際は、できるだけ足の皮をふやけさせることで、薬の浸透力を高めることができます。

 

 

足水虫ではない人がいきなり爪水虫になるケースもあります

今までどこにも水虫が無かった人でも、いきなり爪水虫を発症することがあります。

 

それは、爪に亀裂やはがれがある場合です。

 

爪の表面はツルツルしているので、健康な爪には白癬菌は付着しにくいのですが、爪に傷があったり、下の皮膚がむき出しになっている場合は、そこが弱点となって白癬菌に感染しやすくなるのです。

 

爪には神経がないので、爪水虫になっても痒みを感じることはありません。しかしこれが爪水虫を気づきにくくさせていて、治療が遅れる減でもあります。

 

いきなり爪水虫になるのを防ぐには?

まず大事なのは、自分の爪の状態をしっかり把握しておくことです。

 

ほとんどの人が、足の爪をまじまじ見ることは少ないと思いますが、お風呂上りなどに爪の状態をチェックする習慣をつけるといいでしょう。

 

そしてもし爪に亀裂やはがれがあるときは、上に示したような白癬菌が多くいそうな場所には、治るまでは近づかないことです。

 

通常、白癬菌が皮膚に付着しても、それが角質層の中に侵入するまでには24時間程度要すると言われていますが、皮膚や爪に傷がある場合、この時間は極端に短縮されることもあるので、注意してください。

 

 

爪水虫の初期症状はどのようなものか?

爪水虫の初期症状

爪水虫の初期症状

 

爪水虫になると、爪に見た目の問題が起こってきます。例えば、

  • 爪が白や茶褐色に濁る
  • 爪に縦のスジが入る
  • 爪が肥厚する

 

などです。

 

爪にこのような症状が出た時は、爪水虫の可能性が高いですから、早期に治療を開始することが重要です。

 

治療の開始が早ければ早いほど、治療も早く楽になります。

 

爪水虫の初期の適切な対処法

爪水虫かな、と思ったら皮膚科で顕微鏡検査をしてもらうのが、一番確実に爪水虫がどうかを知ることができます。

 

しかし忙しくて時間がない人や、病院に行ってお医者さんや看護師さんに爪を見られるのが恥ずかしい人は、とりあえず市販の水虫薬で治療を開始するという選択肢もあります。

 

このとき大切なのは、爪水虫の専用薬を使って治す、ということです。

 

実は市販の水虫薬に、爪水虫専用と書いて販売しているものはありません。しかしネットで購入できる商品に爪水虫専用のものがあるので、ご紹介します。

 

それがクリアネイルショットです。⇒詳しくはコチラをご覧ください

 

こちらの商品は、爪水虫のために開発されていて、その効果は、『医学と薬学』という医学誌にも取り上げられたほどですから、信頼感があります。

 

爪水虫のお勧めの治し方は、クリアネイルショットを使いながら、ODT療法(密閉療法)も併用することです。⇒ODT療法について詳しくはコチラをご覧ください

 

 

爪水虫はできるだけ予防しつつ、もしかかってしまったら初期のうちにクリアネイルショットで治してしまいましょう!

爪水虫最強ジェル


爪水虫最強ジェル

関連ページ

水虫の塗り薬でおすすめ商品を紹介!市販薬で自宅治療
水虫を自宅で治したいと思っている方は多いはず!本当は病院に行くべきだけど時間がなかったり、恥ずかしいと思う方はたくさんいます。ここでは水虫のお薬の中で当サイトおすすめの商品を紹介しつつ、自宅で水虫を治す方法を書いています。
爪水虫で病院に行くのが恥ずかしい人のための自宅で治す方法
爪水虫になって最も辛いことは、その汚い見た目にあると思います。見た目が悪いために裸足になれないし、夏場にサンダルも履けません。他人にバレたくない、見られたくないと思うあまり病院に行くのもためらってしまっている方も多いでしょう。自宅での爪水虫の治し方をご紹介します。
爪水虫の治療はクレナフィンが効果的?外用薬で自宅治療
薬の開発によって、爪水虫の治療は内服治療から外用治療へと変化してしてきています。中でもクレナフィン爪外用液やルコナック爪外用液は爪水虫薬として認可されていますが、果たして効果はあるのでしょうか?クリアネイルショットについてもご紹介します。
爪水虫を自分で治すための治療法や治療期間をご紹介
爪水虫を自分で自宅で治すためには、爪水虫専用に開発されたお薬を使うのが一番。内服治療に不安があったり、できるだけお金が掛からない方法を知りたい方のために、爪水虫を自分で治すためのお薬や値段、治療期間などをご紹介します。
クリアネイルショットで自宅で誰にも気づかれずに爪水虫を治す方法
爪水虫を治す方法はいくつかありますが、自宅で自分で治したいという方も実は多いんです。爪水虫は見た目の問題もあって、人に見せたくないとか恥ずかしいと感じる人がたくさんいます。家族にも友人にも知られず、クリアネイルショットを使ってひっそりと爪水虫を治す方法をお伝えします。
爪水虫を自宅で自分で治す方法をお教えします!
私がかつて成功した、爪水虫を自宅で自分で治す方法をお教えしたいと思います。方法としては削る→ふやかす→クリアネイルショットを塗る、を毎日繰り返します。爪水虫の治療はとても根気が必要ですが、定期的に写真に撮るなどして、変化を実感しながら取り組むことで、自分への励みになるでしょう。
爪水虫が恥ずかしくて目立たなくしたい人のための対処法
爪水虫は爪がデコボコしたり、白く濁ったり、縦にスジが入ったりするので、見た目の問題がどんどん大きくなっていき、とにかく他人に見られるのが恥ずかしいという想いが増していきます。そんな時の爪水虫の症状を目立たなくする処置や治し方を書いています。
水虫を自宅で早く治す方法とは?再発を防ぐための日常生活での注意点
気が付いたら水虫になっていた、という方は多いはずです。しかし初期の水虫であれば市販薬でも比較的早く治すことが可能ですので、早く治したいのであれば、早期に治療にとりかかりましょう。ただ水虫治療の最大のポイントは再発防止にあるのですよ。
爪水虫が治らない理由を考察しながら治療法を考えてみる
爪水虫が全く治らなくて真剣に悩んでいる方は本当に多いと思います。ではなぜあなたの爪水虫は治らないのでしょうか?考えられる理由をいくつか紹介しながら、ではどうすれば治るのかについて考えていきたいと思います。
爪水虫は簡単には治らない!?自分で治すために必要なのは根気と継続?
爪水虫を最も簡単に治す方法は内服治療です。しかし肝臓や腎臓への副作用のリスクを恐れて外用治療を望まない人がいるのも事実です。その場合の爪水虫の治し方は、外用治療を自宅で根気よく継続することに尽きます。
爪水虫を自分で治すための市販の水虫薬はどれ?
爪水虫を治したいけど、病院に行く時間がないとか、病院に行くのが恥ずかしいとかの理由で、自宅で自分で市販の水虫薬で爪水虫を治そうとしている方にお勧めの水虫薬をご紹介します。自宅でできる簡単水虫ケアもありますよ!
爪水虫を自分で治すために重曹の使用は効果があるのか?
爪水虫を自宅で自分で治すための民間療法として、重曹を使った方法がしばしば取り上げられていますが、実際のところ効果はあるのでしょうか。重曹の基礎知識と、爪水虫治療への応用方法などをご紹介していきます。
爪水虫を自分で治すためのおススメの市販薬は?
爪水虫って自分で治せるの?おススメの市販薬ってある?自宅で爪水虫を治すために他に自分でできる方法ってある?などの悩みにお答えしていきます。

 
爪水虫や水虫の治療法や薬 爪水虫や水虫の原因や症状 爪水虫や水虫の予防法やケア 爪水虫を自分で治す方法 妊娠中の水虫・爪水虫治療や予防 お勧め治療薬ランキング