爪水虫の原因と予防と感染メカニズム

爪水虫の原因や感染の仕方を知って予防に役立てる方法

爪水虫予防

他人に見せたくないくらいに爪が酷く変形する爪水虫。治療は困難で長期に渡ります。きっと好き好んで爪水虫になりたいと思う人なんていないと思います。

 

しかしなぜ爪水虫にかかってしまうかご存知でしょうか。

 

もちろん直接的な原因は、爪が白癬菌に感染することによって症状が引き起こされますが、いきなり爪水虫を発症することはほとんどなくて、大体の場合先に足に水虫ができて、それが悪化することによって爪水虫になります。足水虫が進行して感染を広げていく過程で、白癬菌が爪へと侵入してしまい発症したということです。

 

ですから爪水虫を予防するためには、まずは水虫にならないよう日ごろから防衛を心掛けること、そして足水虫になってしまった場合はそれを初期段階で完治させることが必要となります。

水虫は早期治療と毎日のケアが何より大切です!

水虫感染はどこから?感染しやすい場所や気をつけるべき事とは?

水虫になるということは、白癬菌をどこからかもらってきて、それが洗い流されない状態が長く続いたのち、角質層への侵入を許した状態を言います。

 

ですから、水虫にならないためにまず防衛できることは、白癬菌をもらいやすい場所を知ることです。

 

白癬菌がいる場所は?

白癬菌は、当然ですが水虫の人が持っています。日本人の4人〜5人に1人が水虫だといわれていますから、あなたの周りにもたくさんの水虫患者がいると思ってください。

 

その人たちが裸足やサンダルで歩くような場所には、白癬菌が、?がれ落ちた皮膚とともに、床やマットの上に落ちていますので、それを踏んだり触ったりすることで、白癬菌があなたに付着します。

 

具体的な場所ですが、例えば、

  • 海やプール
  • 大浴場や温泉
  • スパや岩盤浴
  • 学校や部室
  • スポーツジムや体育館
  • 病院や施設のスリッパ
  • 水虫の人がいる家の中

 

このような場所にはほぼ100%白癬菌がいると思って間違いないです。

 

このような場所に行ったときの注意点

爪水虫予防

このような場所に行くことは全く問題ありません。なぜなら白癬菌が足や皮膚に付着しても、洗い流してしまえば水虫になることはないのですから。

 

しかし行った後は、いつも以上にしっかりケアしましょう。すぐに家に帰ってお風呂に入るのであれば問題ありませんが、そうではない場合は、とりあえずウエットティッシュなどで足を拭いておくことは、水虫予防にとても効果的です。

 

また、足や皮膚に傷などがある場合は要注意です。傷口に白癬菌が入ると、通常よりも早いスピードで角質層に侵入することも覚えておいてください。

 

 

足水虫になってしまったときは早期に治療することで爪水虫を防ぎましょう!

気を付けていても水虫になってしまうことはありますし、水虫になりやすい体質の人もいます。どうしても防ぎきれないことがあるのは仕方のないことです。

 

それよりも水虫になったとき、いかにスピーディーに治療を行えるかが、爪水虫予防にとっては大切になります。

 

病院に行くことができれば一番良いのですが、時間が無くで行けない人のために、市販薬で自宅治療する方法を書いていきます。

 

市販薬で治す方法

現在市販されている水虫薬は、効果が期待できるものが多いです。選び方さえ間違えなければ、初期の足水虫であれば難なく完治させることができるはずです。

 

もともと病院で使われていた効果の強いお薬を薬局で販売できるようにしたものを、スイッチOTC薬と言いますが、2017年現在で最も抗真菌作用が強い成分を4種類書いておきます。

 

1、ラノコナゾール
2、塩酸アモロルフィン
3、塩酸テルビナフィン
4、塩酸ブテナフィン

 

薬局で市販の水虫薬を選ぶ際は、この4種類の成分のうちのどれかが配合されているお薬を選ぶといいでしょう(スイッチOTC薬についてはコチラをお読みください)。

 

 

当サイト一押しの水虫ケア商品【クリアフットヴェール】で治す方法

クリアフットヴェール

水虫の自宅治療といえば、この商品です。信頼性と安全性が高く、ネットで評判の水虫治療ジェルです。

 

1日1回お風呂上りに塗るだけなのでお手軽なうえ、使ってみて気に入らなければ返品することもできます(全額返金保証制度)。

 

東証一部上場企業が開発・販売しているので信頼感があり、天然由来成分でできているので、誰にでも安心してご使用できます。

 

もちろん妊婦さんでも大丈夫です。

 

クリアフットヴェールについてはコチラをご覧ください。

 

 

一番の水虫予防は毎日のケアです

結局、水虫予防・爪水虫予防に一番大切なのは、毎日の予防ケアです。

 

基本的には、毎日の入浴で体を清潔に保つことと、足はできるだけ乾燥させることです。

 

その他には毎日同じ靴を履かないこと、靴下は通気性の良い素材のものを選ぶこと、仕事中でも時間を見つけて足が蒸れないような対策をすること、などが大切ですね。

 

また爪水虫予防に限って言えば、まずは足水虫にならないよう防衛を心がけること、そしてなってしまっても初期の段階で治療を開始し、完治するまで継続することを徹底することが重要です。

爪水虫最強ジェル


爪水虫最強ジェル

関連ページ

水虫にならないための毎日の予防法とは?
水虫にならないためには日ごろのケアがとても大切なんです。毎日のちょっとした工夫で、水虫になる確率をグーンと下げることができます。ここではその具体的な方法をご紹介していきます。
家族に水虫の方がいる場合に家の中で注意すべき点
家族に水虫の方がいると、他の家族にうつしてしまうリスクが常にありますよね。最悪の場合は家族間で水虫のうつしあいになることも....こんな状況を防ぐためにできること、気を付けるべきことをまとめてみました。
爪水虫や水虫になりやすい人の特徴と予防法
爪水虫や水虫になりやすい人っているんですよ。普段習慣的にやっていることが、実は水虫を呼び寄せていることも....あなたのその予防法、間違っていませんか?水虫のこと正しく理解してしっかり予防しましょう。
足の嫌な臭いは水虫が原因なの?予防法とケアをご紹介
足水虫の人の中には、足の臭いに悩まされている人が多いです。そんな嫌な足の臭いですが、本当の原因は何でしょうか?原因をしっかり理解して、正しい方法で予防しましょう。日ごろのケアが大切なんですよ!
水虫の水ぶくれは潰す?潰さない?どっちがいいの?
小水疱型と呼ばれるタイプの水虫は、足に小さな水ぶくれができることで知られています。つ用意痒みを伴っていることも多いと思いますが、では水ぶくれができたら潰すべきなのでしょうか?正しい処置方法について解説します。
赤ちゃんだって水虫はうつる!予防と対処法を解説!
小さい赤ちゃんがいる家庭では、赤ちゃんだって水虫になるということをしっかり認識してください。もし家族に水虫の人がいるなら、気を付けないとうつしてしまうことになります。しっかり予防して赤ちゃんを守りましょう。
あなたの爪水虫が治らない理由を考えてみる
爪水虫は水虫の中でも最も完治が難しいと言われていますが、今は薬の発達もあり病院でも、市販の水虫薬でも治る可能性があります。治療していても症状がなかなか改善しないのは何故なのか、その理由を考えてみます。
爪水虫の治療期間はどれくらい?早く治すにはどうすればいい?
爪水虫の治療期間はどれくらいなのでしょうか?内服薬と外用薬とでは、治るまでの期間は違ってくる?どうしても何時何時までに爪水虫を治さなければいけない状況になったら?ここでは爪水虫の治療期間と、早く治すためにできることをご紹介します。
水虫は遺伝する!?再発しやすい人の特徴や予防法
何度も水虫になったり、治っても再発を繰り返す人っていますよね?なぜでしょうか?実は水虫になるのは遺伝や足の形、生活習慣に大きく影響するのです。水虫になりやすい人の水虫予防法もご紹介します。
水虫になりやすい職業とは?足の臭いが気になり出したら水虫に注意!
水虫になりやすい職業といえば、自衛官、看護師さん、介護士さん、スポーツインストラクターなどですが、共通して言えることは、蒸れやすい靴を一日中履きっぱなしであったり、不特定多数の人の足を触る機会が多い職業ということです。日ごろから十分ケアすることが大切ですが、もし最近足の臭いが気になりだしているなら、水虫にもお気を付けください。

 
爪水虫や水虫の治療法や薬 爪水虫や水虫の原因や症状 爪水虫や水虫の予防法やケア 爪水虫を自分で治す方法 妊娠中の水虫・爪水虫治療や予防 お勧め治療薬ランキング