水虫になりやすいお仕事は何?足の臭いとの関係は?

水虫になりやすい職業とは?足の臭いが気になり出したら水虫に注意!

ヨガインストラクターの水虫

水虫になりやすい職業の筆頭といえば、自衛官ですね。

 

自衛官の方は共同浴場で白癬菌をもらい、訓練で一日中気密性の高いブーツを履くことで菌が増殖し感染、そして今度はキャリアとなって浴場に白癬菌を置いてくる訳です。

 

このような負のサイクルによって、水虫は自衛官の方にとっては職業病とも言えるかもしれません。

 

同様に水虫になりやすいと言われている職業が、看護師さん、介護士さん、またスポーツインストラクターやヨガインストラクター、大浴場やスパなどの掃除をする仕事などです。

 

これらの職業の方は、一日中ストッキングや靴を履きっぱなしであったり、不特定多数の人が裸足で集まるところで作業しているという特徴があります。

 

今回は、これらの職業の方々に水虫の予防法を提案させて頂くとともに、足の臭いを気にしている方の割合も実は多いので、臭い予防についても書いていきます。

水虫はしっかり予防すれば怖れることはありません!

水虫になりやすい環境や特徴とは?

水虫になりやすい人は、どんな職業に就いているかだけではなく、生活環境やご自身の身体的にも特徴があります。

 

家族に水虫の人がいる

まずは家庭内の環境ですね。家族に水虫の人がいれば、当然家中に白癬菌がばら撒かれた状態です。

 

毎日が白癬菌への遭遇リスクとなりますが、特に多いのはトイレやお風呂のマット、スリッパ、絨毯となります。

 

仕事時に通気性の悪い靴や靴下、ストッキングを履いている

昔は水虫と言えば、一日中歩き回っている営業職の人!という感じでしたが、今や女性の社会進出に伴って、女性でも水虫になる人は増えています。

 

看護師さんはストッキングとナースシューズを履きっぱなしで歩き回るのでどうしても蒸れますし、CAさんも同様の環境でお仕事をされていますね。

 

湿度のよって白癬菌が足に付いてから感染するまでにかかる時間が違ってくるのですが、湿度95%で1日半から4日、湿度100%では約1日で水虫になってしまうのです。

 

ちなみに靴を脱いだばかりの足の指の間の湿度は98%くらいになっているのです。

 

足の指と指の間隔が狭い人や汗をよくかく人

指と指の間が狭い場合、広い人と比べて通気性も悪く蒸れやすくなります。

 

また汗をかきやすい人も、特に指の間は蒸れますので、白癬菌が付着したら増殖しやすくなります。

 

病気の人や免疫力が低下している人

病気になると、体の免疫力が低下するので、細菌にも感染しやすくなります。

 

また糖尿病などの場合、手足の毛細血管の循環が悪くなるので、白癬菌が付くと感染しやすくなります。

 

 

水虫を予防する方法

水虫予防

水虫を予防するには日常的にケアすることが大切になります。しかし基本は簡単で、白癬菌などのカビは清潔にして乾燥させていれば、増殖しませんので感染を防ぐことができます。

 

日ごろからできる水虫予防法を書き出します。

 

  • 毎日入浴する
  • 靴は3足くらい用意して毎日ローテーションさせる
  • 通気性の良い素材の靴や靴下を選ぶ
  • スーパー銭湯やスポーツジム、温泉やスパなど白癬菌が多い場所はよく把握しておく
  • 白癬菌が多くいる場所に行ったあとは再度よく足を洗う
  • スリッパや爪切りは共有しない
  • 病院や公共施設ではマイスリッパを用意する

 

白癬菌は皮膚に付着してもすぐには感染しないので、感染する前に洗い流してしまえば水虫になることはありません。ですから毎日の入浴を基本にして、あとはできるだけ足が蒸れないように心掛けておくことで、かなりの確率で水虫感染を防ぐことができるでしょう。

 

 

足の臭いが気になっている人は水虫になる確率が高い!

足の臭いと水虫がどんな関係にあるの?と思われるかもしれませんが、これが大いに関係があるのですよ。

 

実は水虫の原因も、足の臭いの原因も、細菌の増殖なんです!細菌が増殖する高温多湿の環境になれば、足の臭いの元となる細菌も、水虫の元となる白癬菌も、同時に増殖します。

 

ですから、もし足の臭いが気になっているという方は、足が高温多湿の環境になっている可能性が高いので、白癬菌も一緒に増殖しているかもしれません。

 

足の臭いは、水虫になる前兆と捉えて、しっかりケアすることが大切ですね。

 

足の臭いケアができる商品はこちらです⇒93%が効果を実感!足のニオイ消しには『ノーノースメル』

 

 

まとめ

水虫になりやすい人は、職業や生活環境、自身の身体的特徴など、原因はいろいろあります。

 

しかし白癬菌が多くいる場所、増殖しやすい条件、感染までの時間などをしっかり認識すれば、水虫予防ができます。

 

また足の臭いが気になり出した人は、足が水虫になりやすい環境になっている可能性があります。

 

日々足が蒸れないような対策をするようにしましょう。

爪水虫最強ジェル


爪水虫最強ジェル

関連ページ

水虫にならないための毎日の予防法とは?
水虫にならないためには日ごろのケアがとても大切なんです。毎日のちょっとした工夫で、水虫になる確率をグーンと下げることができます。ここではその具体的な方法をご紹介していきます。
家族に水虫の方がいる場合に家の中で注意すべき点
家族に水虫の方がいると、他の家族にうつしてしまうリスクが常にありますよね。最悪の場合は家族間で水虫のうつしあいになることも....こんな状況を防ぐためにできること、気を付けるべきことをまとめてみました。
爪水虫や水虫になりやすい人の特徴と予防法
爪水虫や水虫になりやすい人っているんですよ。普段習慣的にやっていることが、実は水虫を呼び寄せていることも....あなたのその予防法、間違っていませんか?水虫のこと正しく理解してしっかり予防しましょう。
足の嫌な臭いは水虫が原因なの?予防法とケアをご紹介
足水虫の人の中には、足の臭いに悩まされている人が多いです。そんな嫌な足の臭いですが、本当の原因は何でしょうか?原因をしっかり理解して、正しい方法で予防しましょう。日ごろのケアが大切なんですよ!
水虫の水ぶくれは潰す?潰さない?どっちがいいの?
小水疱型と呼ばれるタイプの水虫は、足に小さな水ぶくれができることで知られています。つ用意痒みを伴っていることも多いと思いますが、では水ぶくれができたら潰すべきなのでしょうか?正しい処置方法について解説します。
赤ちゃんだって水虫はうつる!予防と対処法を解説!
小さい赤ちゃんがいる家庭では、赤ちゃんだって水虫になるということをしっかり認識してください。もし家族に水虫の人がいるなら、気を付けないとうつしてしまうことになります。しっかり予防して赤ちゃんを守りましょう。
あなたの爪水虫が治らない理由を考えてみる
爪水虫は水虫の中でも最も完治が難しいと言われていますが、今は薬の発達もあり病院でも、市販の水虫薬でも治る可能性があります。治療していても症状がなかなか改善しないのは何故なのか、その理由を考えてみます。
爪水虫の治療期間はどれくらい?早く治すにはどうすればいい?
爪水虫の治療期間はどれくらいなのでしょうか?内服薬と外用薬とでは、治るまでの期間は違ってくる?どうしても何時何時までに爪水虫を治さなければいけない状況になったら?ここでは爪水虫の治療期間と、早く治すためにできることをご紹介します。
水虫は遺伝する!?再発しやすい人の特徴や予防法
何度も水虫になったり、治っても再発を繰り返す人っていますよね?なぜでしょうか?実は水虫になるのは遺伝や足の形、生活習慣に大きく影響するのです。水虫になりやすい人の水虫予防法もご紹介します。
爪水虫の原因や感染の仕方を知って予防に役立てる方法
治すのがとても難しい爪水虫。爪水虫の原因は白癬菌ですが、実はいきなり爪水虫になる訳ではなく、足にできた水虫が徐々に進行することで爪水虫になるのです。爪水虫になるメカニズムを知って爪水虫を予防しましょう。

 
爪水虫や水虫の治療法や薬 爪水虫や水虫の原因や症状 爪水虫や水虫の予防法やケア 爪水虫を自分で治す方法 妊娠中の水虫・爪水虫治療や予防 お勧め治療薬ランキング