赤ちゃんに水虫をうつさないための対策や治し方

赤ちゃんだって水虫はうつる!予防と対処法を解説!

赤ちゃんの水虫

赤ちゃんや小さい子供って水虫になるの?と思ってお調べの方、お答えします。『はい、赤ちゃんにだって水虫はうつります!』

 

家族の中に水虫にかかっている方がいたり、ご自身が水虫だったりする場合は、赤ちゃんに水虫がうつってしまうのではないかと、心配になるでしょう。

 

しかし水虫の原因となる白癬菌は、水虫の方がいる家庭の中だけではなく、赤ちゃんが行く可能性があるところとしては、病院や児童館、一時預かりの施設などにもいる可能性は大いにありますので、例え家族に水虫の方がいない場合でも、常に予防を心がけることが大切になります。

 

赤ちゃんが水虫になって体を掻きむしっているところなんて、想像したくありませんよね…

 

ここでは、一般的な水虫予防について、個々でできる対策をご紹介しますので、ぜひ実績してみてください。

赤ちゃんにだけはうつしたくない水虫!どうすればいいの?

赤ちゃんが白癬菌をもらいそうな場所

行動範囲が限られる赤ちゃんですが、それでもよく訪れる場所で白癬菌に感染する可能性は十分ありますので注意が必要です。

 

赤ちゃんが白癬菌をもらいやすい場所

家族に水虫の方がいる場合、自宅は勿論のこと、

  • 病気や予防接種で訪れる病院
  • 身体測定や栄養相談で訪れる保健所
  • 一時預かりの施設
  • 保育園や幼稚園
  • 児童館など自治体が運営している施設
  • 両親の実家や親せきの家

など、これらの場所は、赤ちゃんをよく連れて行く場所ですし、不特定多数の方が訪れる場所でもありますので、白癬菌の感染に注意したいところです。

 

 

このような場所に行った際の水虫の感染予防

赤ちゃんが上記のような施設で水虫に感染するのを予防するためには、家に帰ったときに手や足をしっかり洗うことにつきます。

 

白癬菌は皮膚に付いても、角質層内に侵入するまでに24時間くらいは皮膚の表面に留まりますので、それまでにしっかり洗い流すことで、水虫を発症するのを防ぐことができます。

 

皮膚に付いた白癬菌は、石鹸で優しく洗えば簡単に洗い流すことができますので、通常の入浴の通りで大丈夫です。

 

 

家に水虫の方がいる家庭での水虫予防法

家族の中に水虫の方がいる場合は、常に白癬菌への感染リスクに晒されているようなものですから、以下のことを徹底してください。

 

1、まずは水虫の方が、しっかり水虫の治療をすることです。水虫は治療を開始することで、感染力が大幅に低下することが知られていますので、すぐには治らなくても、まずは治療を開始することが大切です。

 

2、赤ちゃんは、寝返りしたりハイハイしたりするようになると、行動範囲がどんどん広がっていきますので、床はこまめに掃除することが必要となります。掃除機掛けだけではなく、水拭きすることも大切です。

 

家の中で赤ちゃんが水虫に感染するリスク

3、お風呂に一緒に入っても、浴槽内で水虫がうつることはありませんが、バスマットやタオルを共有することで白癬菌に感染しやすいので、水虫の方は必ず自分専用のものを使ってください。

 

4、水虫の方は、自分専用のスリッパを用意して、赤ちゃんや小さいお子さんが触ったり舐めたりしないように、しっかり管理してください。

 

5、水虫の方の衣類と一緒に洗濯しても、水虫がうつることはありませんが、洗った後はしっかり干して乾燥させることが大切です。

 

6、汗をかいたときの服やおむつは、こまめに取り換えて蒸れないようにすることも大事です。

 

 

赤ちゃんに水虫がうつったかなと感じたらずぐ病院へ

もし赤ちゃんに水虫がうつったと思った場合は、すぐに病院で調べてもらうことが重要です。

 

間違っても、自己判断で市販の水虫薬を使ったりしないようにしてください。

 

市販の水虫薬で赤ちゃん用に販売されているものはありませんし、赤ちゃんには強すぎます。また、そもそも水虫ではなかった場合、余計に症状を悪化させてしまいかねません。

 

治療の前に、まずはちゃんとした診断をしてもらうことが先決です。

 

水虫に似た症状

赤ちゃんの肌はとてもデリケートですから、水虫に似た症状の病気がたびたび出ることがあります。

 

例えば、あせも、接触性皮膚炎、アトピー性皮膚炎などです。

 

これらの症状に水虫薬を使っても、症状が良くなるどころか、もっと酷くなることさえありますので、まずは医師に見せることが大切です。

 

 

まとめ

赤ちゃんや子どもだって水虫にはなります。

 

今や日本人の5人に1人が水虫だと言われていますから、生活の中で白癬菌を避けて暮らすなどということは、赤ちゃんでさえも大変難しいと言えます。

 

しかし白癬菌自体は簡単に洗い流せますので、いつも予防を心がけてさえすれば、そう簡単に水虫を発症することはないでしょう。

 

常に体を清潔にすることと、ジメジメした環境にならないようお気を付けください。

爪水虫最強ジェル


爪水虫最強ジェル

関連ページ

水虫にならないための毎日の予防法とは?
水虫にならないためには日ごろのケアがとても大切なんです。毎日のちょっとした工夫で、水虫になる確率をグーンと下げることができます。ここではその具体的な方法をご紹介していきます。
家族に水虫の方がいる場合に家の中で注意すべき点
家族に水虫の方がいると、他の家族にうつしてしまうリスクが常にありますよね。最悪の場合は家族間で水虫のうつしあいになることも....こんな状況を防ぐためにできること、気を付けるべきことをまとめてみました。
爪水虫や水虫になりやすい人の特徴と予防法
爪水虫や水虫になりやすい人っているんですよ。普段習慣的にやっていることが、実は水虫を呼び寄せていることも....あなたのその予防法、間違っていませんか?水虫のこと正しく理解してしっかり予防しましょう。
足の嫌な臭いは水虫が原因なの?予防法とケアをご紹介
足水虫の人の中には、足の臭いに悩まされている人が多いです。そんな嫌な足の臭いですが、本当の原因は何でしょうか?原因をしっかり理解して、正しい方法で予防しましょう。日ごろのケアが大切なんですよ!
水虫の水ぶくれは潰す?潰さない?どっちがいいの?
小水疱型と呼ばれるタイプの水虫は、足に小さな水ぶくれができることで知られています。つ用意痒みを伴っていることも多いと思いますが、では水ぶくれができたら潰すべきなのでしょうか?正しい処置方法について解説します。
あなたの爪水虫が治らない理由を考えてみる
爪水虫は水虫の中でも最も完治が難しいと言われていますが、今は薬の発達もあり病院でも、市販の水虫薬でも治る可能性があります。治療していても症状がなかなか改善しないのは何故なのか、その理由を考えてみます。
爪水虫の治療期間はどれくらい?早く治すにはどうすればいい?
爪水虫の治療期間はどれくらいなのでしょうか?内服薬と外用薬とでは、治るまでの期間は違ってくる?どうしても何時何時までに爪水虫を治さなければいけない状況になったら?ここでは爪水虫の治療期間と、早く治すためにできることをご紹介します。
水虫は遺伝する!?再発しやすい人の特徴や予防法
何度も水虫になったり、治っても再発を繰り返す人っていますよね?なぜでしょうか?実は水虫になるのは遺伝や足の形、生活習慣に大きく影響するのです。水虫になりやすい人の水虫予防法もご紹介します。
水虫になりやすい職業とは?足の臭いが気になり出したら水虫に注意!
水虫になりやすい職業といえば、自衛官、看護師さん、介護士さん、スポーツインストラクターなどですが、共通して言えることは、蒸れやすい靴を一日中履きっぱなしであったり、不特定多数の人の足を触る機会が多い職業ということです。日ごろから十分ケアすることが大切ですが、もし最近足の臭いが気になりだしているなら、水虫にもお気を付けください。
爪水虫の原因や感染の仕方を知って予防に役立てる方法
治すのがとても難しい爪水虫。爪水虫の原因は白癬菌ですが、実はいきなり爪水虫になる訳ではなく、足にできた水虫が徐々に進行することで爪水虫になるのです。爪水虫になるメカニズムを知って爪水虫を予防しましょう。

 
爪水虫や水虫の治療法や薬 爪水虫や水虫の原因や症状 爪水虫や水虫の予防法やケア 爪水虫を自分で治す方法 妊娠中の水虫・爪水虫治療や予防 お勧め治療薬ランキング