ジェルネイルが手の爪白癬を引き起こす?その理由とは

ファッションネイルが好きな方は手の爪白癬になりやすい?

手の爪白癬

水虫というと足のできるものと思われがちですが、手にも感染することをご存知でしょうか?

 

足に比べて、手に感染することは稀ですが、水虫だと気づかずに症状を悪化させてしまうケースもありますので、手の水虫もあるんだと言うことは、覚えておいて損は無いと思います。

 

足が水虫になりやすいのは、原因となる白癬菌が、靴の中のようなジメジメと蒸れた状態を好んで増殖するからです。

 

基本的に手は露出していて、めったに蒸れることはないので、白癬菌が感染することは稀です。

 

しかし、ジェルネイルやマニキュアなどのファッションネイルが好きな方は、自分の手を知らず知らずのうちに、白癬菌が好む環境にしてしまっていることがあることを認識する必要があります。

ファッションネイル好きな方に手の爪白癬が多い理由

ジェルネイルやスカルプチュアで爪をオシャレに飾るファッションネイルの流行とともに、手の爪の細菌感染が増えてきています。

 

ジェルネイルやスカルプチュアは時間が経ったり強い衝撃が加わったりすることで、取れたり一部が浮いたりするのですが、浮いて自爪との間に隙間ができると、手を洗った時や水仕事をしたときにその隙間に水が入り込み、よく乾かさずにいることでやがて蒸れてくるのです。

 

これは細菌が好む高温多湿の環境であるため、そこに白癬菌が付着すると、増殖して爪白癬になります。

 

自分の足水虫が手に感染することが多い

このように手の爪白癬になる方は、大抵自身の足水虫から感染することが多いと言われています。

 

足を掻いたときはもちろん、爪を切るときや、入浴のときに足に触れて白癬菌がうつると考えられます。

 

また白癬菌が付着していそうな、トイレやお風呂のマットやふとんなどに触っても、手に白癬菌が付きますので注意してください。

 

爪白癬になると、

  • 爪が白く濁る
  • 爪がデコボコして肥厚する
  • 爪がもろくなってポロポロと欠けてくる

このような症状が出ます。

 

 

ファッションネイル好きな方が手の爪白癬になったときの治療法

手の爪白癬

それでは、ジェルネイルやスカルプチュアをしていて、手の爪に違和感を感じた時はどうすればいいでしょうか?

 

まずは即、ジェルネイルやスカルプチュアを取り外してください。そのうえで皮膚科を受診します。

 

手の爪に感染しやすい感染症は他に、爪カンジダやグリーンネイルがありますので、治療を開始する前に自分の爪がどのような細菌に感染しているかを調べてもらう必要があります。

 

検査は爪の組織を一部採取して顕微鏡検査をすることで、原因菌が特定されます。

 

手の爪白癬の治療

手の爪白癬の治療方法は、足の場合と変わりありません。通常内服薬が使われますが、症状が軽い場合は外用薬から入って様子を見るかもしれません。

 

内服治療では、ラミシール錠かイトリゾール錠が使われますが、どちらも肝機能障害や血液疾患の副作用が出ることがあるので、定期的に血液検査を受けながらの治療となります。

 

副作用が怖いという方には、クレナフィン爪外用液やルコナック爪外用液という、爪白癬専用に認可された外用薬があるので、こちらを使った治療もできるでしょう。

 

ただ、治癒率は内服薬が70〜80%に対して、外用薬では20%未満となっています。

 

しかし肝臓が悪い方や妊婦さんは、安全性の高い外用薬で治療することになりますので、根気よく治療を勧めていってください。

 

手の爪白癬の治療期間

爪白癬の治療は、全ての爪がキレイな爪に完全に生え替わった時点で、完治ということになります。

 

通常手の爪は1か月に薬3mm伸びるので、完全に生え変わるのに半年くらいかかる場合もあり、治療期間もそのくらいになるでしょう。

 

もちろん、爪が完治するまでジェルネイルやスカルプチュア、またマニキュアも付けることはできませんよ…

 

 

まとめ

爪白癬の治療はとても長期に渡ることがお分かりになったと思います。

 

ファッションネイル好きな方が爪の感染症を防ぐためには、ジェルネイルやスカルプチュアのお手入れを徹底することが重要です。

 

浮いてきたら放置せず、補修するか取り外してください。これをするかしないかで、何か月もファッションネイルを楽しめなくなるかの分かれ目になります。

 

日々のケアが、ファッションネイルをずっと楽しむためには最も大切なのです!

関連ページ

水虫とは?原因と感染のメカニズムを徹底解説!
日本で5人に1人が水虫だと言われています。しかしそもそも水虫にはどうしてなるのか?原因菌は?またどのような感染経路を経て発症するのか?そのメカニズムを知ることで予防や再発防止に活用できます。しつこい水虫について学びましょう。
足にできる水虫は感染した部位や症状で呼び方もさまざま
足や体に感染した水虫は、感染した部位や症状によって、呼び方や特徴が違います。水虫の基礎知識として、水虫の種類や特徴、また呼び方などについて説明していきます。
それって本当に水虫ですか?自己診断は危険です!
足がかゆい、小さな水ぶくれができている、皮がポロポロとめくれる、などの症状が出たとき、自分で勝手に水虫だと決めつけていませんか?実は水虫ではなかったということも多いんですよ?自己判断で薬を使うのは危険です。
4つのタイプに分けられる爪水虫_その症状や特徴は?
爪水虫も症状によって4つのタイプに分けられます。中には内服治療でしか治しにくいタイプもあれば、外用薬で十分完治の可能性があるものもあります。ご自身の症状と見比べながら、適切な治療法を実践されてください。
爪水虫の症状と外見的な問題に対する精神的ダメージ
とても治りにくく見た目が汚い爪水虫!爪水虫になると現れる症状と、その外見的問題によって起こる精神的なダメージや、日常生活における問題点について解説します
水虫の放置は危険!二次感染の恐怖とは?
足の痒みなどの症状で水虫かなと思ったら、すぐに病院で検査を受けることをお勧めします。たかが水虫と放っておくと、症状はどんどん悪化していきます。また二次感染などのリスクも高まり、取り返しのつかないくらいに症状が進行してしまうケースもありますでのご注意を!
かかと角質がガサガサの原因は?水虫の可能性もあり!
かかと角質がガサガサで、ストッキングが引っ掛かるとか、サンダルを履くのが恥ずかしいなどとお悩みの方は多いですね。かかとのガサガサは単なる肌荒れなのか、水虫が原因なのか分かりずらいですが、見分け方やケア、治し方を書いています。
かかとにできる角質増殖型の水虫とその治療法
水虫の中でも爪水虫に次いで治りにくいのがかかと水虫です。いきなりかかと水虫になるのではなく、足水虫を放置していたり、進行が進むことによって発症することがほとんどです。かかと部分は角質が厚く白癬菌が深部に潜んでいるため治りにくいとされています。ここでは治療法やお薬をご紹介します。
指の間がジュクジュクする趾間型水虫の治し方と薬
水虫の中で最もポピュラーなのが指と指の間にできる趾間型の水虫です。初期の段階であれば、市販薬でも比較的簡単に治療することができますが、放っておくと感染が広がって症状が悪化し、治療が困難になることもあります。趾間型水虫の治し方とお薬選びについて書いています。