妊娠希望の方の爪水虫治療は内服薬を使ってはいけません!

妊活中の爪水虫治療は外用薬じゃなきゃダメな理由

妊活中の爪水虫治療

爪水虫がなかなか治らない、市販薬だけで今まで何となくズルズル来てしまった、足水虫が悪化して爪水虫になってしまったなど、今まで比較的自分の爪水虫に対してのんびり構えていた方でも、もし妊娠を意識し出したなら、そんな悠長なことは言ってられなくなるんじゃないでしょうか?

 

ずっとがむしゃらに働いてきて爪水虫になってしまったけど、治す暇もなく今に至ってしまい、結婚を機に妊娠を意識するようになると、急に爪水虫のことが気になりだして、早く治さなきゃという気持ちになった。

 

でもどうやって爪水虫を治したらいいか分からない、とお悩みであれば内服治療には十分注意してください。

 

 

もし妊活を続けるのであれば、治療は外用薬で!

 

内服治療をしたいのであれば、妊活は爪水虫が完全に治ってからにする!

 

これが基本です。

妊娠の時期と内服薬の影響について

妊娠中の方であれば誰もが服用について細心の注意をする内服薬ですが、これが妊娠前となると危機意識がとても低いように感じます。

 

ここで妊娠期間と内服薬が胎児に及ぼす影響について書いていきたいと思います。

 

妊娠4週未満 この時期に飲んだ薬は、奇形という意味では何の問題もありません。細胞分裂はしていますが、体の形が形成される段階ではないからです。
妊娠4〜7週

奇形という意味で、最も薬の影響を受けやすいのがこの時期です。この期間に胎児の体や臓器が作られるからです。
ただ妊娠に気づかないこともある時期ですから、気づかないまま薬を服用してしまうことが多くなります。しかしもしこの時期に薬を服用したとしても、市販薬の常識の範囲内の服用であれば、思い悩むほどのことではないということを付け加えておきます。

妊娠8〜15週 この時期は胎児の重要な器官の形成は終わっているので、奇形という意味では最も影響が出やすい時期は過ぎています。しかし奇形を起こす可能性が全くなくなる訳ではありません。
妊娠16週以降 この時期になると、奇形を起こすことが問題となることはないのですが、薬の成分は胎盤を通して胎児に運ばれるので、胎児の成長が抑えられたリ、子宮内で亡くなったり、分娩直後の新生児の適応障害などが問題となってきます。
授乳期 薬の成分が母乳を通して、赤ちゃんに運ばれてしまいます。

 

 

妊活中の内服治療が危険な理由

奇形という意味で最も影響が出るのが、妊娠4〜7週です。この時期は自身の妊娠に気づかないことも多いので、もし内服治療をしていれば、いつも通り薬を服用してしまうリスクがあります。

 

これが妊活と内服治療を同時進行で行うことの危険性です。

 

以上の理由から、妊娠を望んでいる状態であれば、爪水虫の内服治療は行わず、外用薬を使うべきと言うことができます。

 

しかしながら、もし可能であれば、爪水虫は治療できるときに治してしまったほうが良いと思います。妊娠してからの治療では治療期間が長くなる上に、外用薬は治癒率も高くありません。治らないまま出産すると、今度は授乳期間となり、赤ちゃんへの感染リスクも高くなってしまいます。

 

妊娠を優先させたい方は

外用薬での治療と合わせて、

 

などの方法もありますので、参考にしてください。

 

 

すでに服用してしまったという場合

妊娠4〜7週の時期に、妊娠に気づかず薬を内服してしまったとしても、多くの場合赤ちゃんに影響を与えることはほとんどありませんので、過度に心配することはありません。

 

もし赤ちゃんが何らかの異常がある状態で生まれてきたら、「あのとき薬を服用さえしていなければ…」、と罪の意識にさいなまれるかもしれません。薬が問題ではなかったとしてもです。

 

だからこそ、妊活中の内服治療は避けるべきなのですが、もし薬を服用していたとしても、心配しすぎるのはよくありません!

 

そのようなときは、とにかくお医者さんや専門家によく相談をすることが重要です。

 

関連ページ

爪水虫で皮膚科を受診すると勧められる内服治療
爪水虫で病院に行くと、内服薬で治す、外用薬で治すが、またはその両方を使って治す、という選択肢があります。どの治療法を選んだらいいのかは、症状や状態、体調などによって違ってきます。ここでは内服治療について書いています。
爪水虫で皮膚科を受診したときに勧められる外用薬
爪水虫で病院に行くと、内服薬で治す、外用薬で治すが、またはその両方を使って治す、という選択肢があります。どの治療法を選んだらいいのかは、症状や状態、体調などによって違ってきます。ここでは外用薬について書いています。
本当に治る?爪水虫の治療に効果のあるレーザー治療とは
治りにくい爪水虫にお悩みの方は本当に多いです。内服薬や外用薬での治療で、納得のいく効果を得られていない方には、実はレーザー治療という方法もあるんですよ。これはレーザー光線の熱で白癬菌を殺菌するという方法なんです。
妊娠中や授乳中の爪水虫治療がやっかいな理由
妊娠中や授乳中の方が爪水虫を治療する場合、内服治療ができませんので、治癒率は落ちますが外用薬で治していくことになります。その理由と完治へのコツを書いていきます。
爪水虫の自宅治療で外用薬と併用すると効果が高いODT療法(密閉療法)とは
爪水虫を外用薬を使って自宅で治す場合に、薬の効果をより高めるために併用する、ODT療法(密閉療法)という方法があります。ラップなどを使って爪を柔らかくすることで有効成分を浸透させやすくする方法です。
親指の爪白癬の治療に最適なキャップオンネイルテラピーとは?
足の親指の爪白癬を治療する方法にキャップオンネイルテラピーという方法があります。この方法は親指の爪に、高濃度の抗真菌剤を染み込ませたキャップを付けた状態で、1日放置して有効成分を浸透させる方法です。
市販の水虫薬の正しい選び方!スイッチOTCとは?
市販の水虫薬って本当に種類が多くて、どれを選んだらいいのか迷ってしまいますよね?水虫薬を選ぶポイントや成分、最近よく聞くようになったスイッチOTCについて解説しながら、正しい市販薬の選び方について書いています。
スイッチOTCによる市販薬の進歩を知って水虫薬を選ぶ方法
市販の水虫薬はスイッチOTCによって日々進歩しています。安全面を重視した今までの市販薬は、効かないというイメージがあるかもしれませんが、医師の判断でしか使えなかった成分を含んだ薬の登場によって、市販薬での水虫治療は劇的に効果的になりました。
爪水虫治療の内服薬での治癒率や特徴とは
爪水虫の治療はしばしば、内服薬でしか治すことができないと言われます。内服治療の治癒率も70〜80%と高く、かなり確実な治療法であると言うことができます。では内服薬で治らないのはどのような場合なのでしょうか?また内服治療のデメリットについて考えてみます。
塗って治せる爪水虫のお薬_クレナフィン爪外用液の治癒率
爪水虫治療に内服治療ができない方や望まない方でも、安心して使えるクレナフィン爪外用液。使い方や効果、治癒率などをご紹介します。現状クレナフィン爪外用液は病院でしか処方してもらうことはできません。
爪水虫の治療法まとめ
爪水虫の治し方についてまとめました。病院で治す、自宅で治す、レーザー治療で治すなど、方法はいろいろです。自身の体調や考え方に合った方法を選んで治療しましょう。
妊婦さんは免疫力が低下しているので水虫になりやすい?
妊娠すると体の免疫力が低下すると言われています。ですから妊婦さんは病気や感染症にかかりやすくなります。ではもし妊娠中に水虫になってしまったらどうすればいいでしょうか?ここでは妊婦さんが水虫になったときの注意点や治し方をご紹介します。
クリアネイルショットで自宅で誰にも気づかれずに爪水虫を治す方法
爪水虫を治す方法はいくつかありますが、自宅で自分で治したいという方も実は多いんです。爪水虫は見た目の問題もあって、人に見せたくないとか恥ずかしいと感じる人がたくさんいます。家族にも友人にも知られず、クリアネイルショットを使ってひっそりと爪水虫を治す方法をお伝えします。
妊娠中や授乳中の方の爪水虫治療まとめ
爪水虫治療で内服薬が使えない妊婦さんや授乳中の方ために、爪水虫の治し方をご紹介します。お腹の赤ちゃんに影響のないお薬はどれ?授乳中でも安全に治療できる方法は?というご質問にお答えしていきたいと思います。
爪水虫で病院に行くのが恥ずかしい人のための自宅で治す方法
爪水虫になって最も辛いことは、その汚い見た目にあると思います。見た目が悪いために裸足になれないし、夏場にサンダルも履けません。他人にバレたくない、見られたくないと思うあまり病院に行くのもためらってしまっている方も多いでしょう。自宅での爪水虫の治し方をご紹介します。
爪水虫の治療は爪を削ることで外用治療の効果が高まります
爪水虫の外用治療を行っている方で、お薬の効果を十分実感できない方は、爪を削ることで外用薬をしみ込ませやすくする方法があります。爪水虫になると爪が白濁して分厚くなるので、外用薬がとても浸透しにくいのですが、できるだけ削ることで有効成分を浸透させます。
水虫の塗り薬でおすすめ商品を紹介!市販薬で自宅治療
水虫を自宅で治したいと思っている方は多いはず!本当は病院に行くべきだけど時間がなかったり、恥ずかしいと思う方はたくさんいます。ここでは水虫のお薬の中で当サイトおすすめの商品を紹介しつつ、自宅で水虫を治す方法を書いています。