爪水虫の治療に使われるクレナフィン爪外用液の特徴や治癒率

塗って治せる爪水虫のお薬_クレナフィン爪外用液の治癒率

爪水虫外用治療

爪水虫の治療に、塗って治せるお薬の1つ【クレナフィン爪外用液】。
科研製薬から発売された、日本初の爪水虫(爪白癬)専用の塗り薬です。

 

2014年に認可され、現在病院で処方してもらうことができます。(薬局では買えません)
それまでは、爪水虫の治療薬として認可されていたのは、『飲んで治す』内服薬だけでしたが、とうとう『塗って治す』お薬が登場しました。

 

今までの爪水虫治療は、内服治療を原則としていましたが、外用薬での治療という選択肢が増えたことになります。

 

これは、肝臓が悪い方、妊婦さんや授乳中の方、また他に併用禁忌の内服薬を服用中の方にとっては、待ちに待った塗り薬ということができます。

 

しかしクレナフィン爪外用液の登場が、全ての爪水虫患者さんの悩みを解決できるかと言えば、そうではありません。

 

クレナフィン爪外用液の治癒率は17.8%というデータがありますが、これを高いと見るか低いと見るかは、意見の分かれるところだと思いますが、外用薬を待ちわびていた方にとっては、是非とも試してみたいお薬となっているのは間違いありません。

クレナフィン爪外用液の特徴や使い方

クレナフィン爪外用液は、科研製薬で新しく開発された、【エフィナコナゾール】を有効成分としています。

 

このエフィナコナゾールは、爪白癬の原因真菌に対して効果が高いこと、そして爪の成分であるケラチンとの親和性が低いので、爪の中をケラチンに吸収されることなく透過していくことができるという特徴が確認されたことで、開発に至りました。

 

クレナフィン爪外用液

この図のように、クレナフィン爪外用液はケラチンに吸収されにくく、爪甲での透過性があるので、爪の下までしっかり浸透して白癬菌に効果を発揮します。

 

先に述べたように治癒率は17.8%です。

 

一見低い数字のようですが、されど17.8%です。内服治療は肝臓悪くてできないから、もう治す術はない…と諦めていた方にとっては、高い治癒率と感じるのでしょうか。

 

 

クレナフィン爪外用液の使い方

1日1回で大丈夫です。お風呂上りなど清潔な状態で、症状の出ている爪に塗布してください。

 

刷毛と一体化した容器のデザインとなっていて、毛先が扇形の広がっているのと、硬すぎず柔らかすぎず絶妙の感触によって、使いやすく塗り広げやすいのが特徴です。

 

クレナフィン爪外用液の使い方

 

また、爪甲とそのしたの皮膚に有効成分が浸透しやすいように、爪と皮膚の境目も含めて、爪全体にしっかり塗り広げます。

 

クレナフィン爪外用液の使い方

(画像出典:http://clenafin.jp/press.html)

 

 

クレナフィン爪外用液の副作用

爪水虫治療に内服薬を使いたくない方は、その副作用を気にしている方が多いので、外用薬で安全に治療したいという意識が強いようです。

 

また妊婦さんや授乳中の方にとっても、いかに胎児や赤ちゃんに影響を与えず安全に治療できるかが、最も大切なポイントなのではないでしょうか。

 

クレナフィン爪外用液の副作用は、そのほとんどが皮膚炎や水ぶくれといった、いわゆる『皮膚のかぶれ』で、6.4%に出るということです。

 

皮膚のかぶれ自体は、ほとんどの塗り薬で発症する可能性がある副作用ですので、過度に心配する必要はありませんが、薬を塗布した際にはみ出した部分については、しっかりふき取ることで、かぶれを予防することができます。

 

 

クレナフィン爪外用液の値段

クレナフィン爪外用液は1本3.56gで約5,900円ですから、3割負担の方で約1,800円となります。

 

4本以上の爪に症状が出ている方は、月に2本ほど必要になる可能性がありますので、市販の水虫薬よりも割高になります。

 

4週間で使い切ることが推奨されていて、月に2本までが保険適応という制限もあります。

 

月に2本必要な方が毎月通院すると、診察料も必要になりますから、月々の治療費は約5,000円になるでしょう。

爪水虫最強ジェル


爪水虫最強ジェル

関連ページ

爪水虫で皮膚科を受診すると勧められる内服治療
爪水虫で病院に行くと、内服薬で治す、外用薬で治すが、またはその両方を使って治す、という選択肢があります。どの治療法を選んだらいいのかは、症状や状態、体調などによって違ってきます。ここでは内服治療について書いています。
爪水虫で皮膚科を受診したときに勧められる外用薬
爪水虫で病院に行くと、内服薬で治す、外用薬で治すが、またはその両方を使って治す、という選択肢があります。どの治療法を選んだらいいのかは、症状や状態、体調などによって違ってきます。ここでは外用薬について書いています。
本当に治る?爪水虫の治療に効果のあるレーザー治療とは
治りにくい爪水虫にお悩みの方は本当に多いです。内服薬や外用薬での治療で、納得のいく効果を得られていない方には、実はレーザー治療という方法もあるんですよ。これはレーザー光線の熱で白癬菌を殺菌するという方法なんです。
爪水虫の自宅治療で外用薬と併用すると効果が高いODT療法(密閉療法)とは
爪水虫を外用薬を使って自宅で治す場合に、薬の効果をより高めるために併用する、ODT療法(密閉療法)という方法があります。ラップなどを使って爪を柔らかくすることで有効成分を浸透させやすくする方法です。
親指の爪白癬の治療に最適なキャップオンネイルテラピーとは?
足の親指の爪白癬を治療する方法にキャップオンネイルテラピーという方法があります。この方法は親指の爪に、高濃度の抗真菌剤を染み込ませたキャップを付けた状態で、1日放置して有効成分を浸透させる方法です。
市販の水虫薬の正しい選び方!スイッチOTCとは?
市販の水虫薬って本当に種類が多くて、どれを選んだらいいのか迷ってしまいますよね?水虫薬を選ぶポイントや成分、最近よく聞くようになったスイッチOTCについて解説しながら、正しい市販薬の選び方について書いています。
スイッチOTCによる市販薬の進歩を知って水虫薬を選ぶ方法
市販の水虫薬はスイッチOTCによって日々進歩しています。安全面を重視した今までの市販薬は、効かないというイメージがあるかもしれませんが、医師の判断でしか使えなかった成分を含んだ薬の登場によって、市販薬での水虫治療は劇的に効果的になりました。
爪水虫治療の内服薬での治癒率や特徴とは
爪水虫の治療はしばしば、内服薬でしか治すことができないと言われます。内服治療の治癒率も70〜80%と高く、かなり確実な治療法であると言うことができます。では内服薬で治らないのはどのような場合なのでしょうか?また内服治療のデメリットについて考えてみます。
爪水虫の治療法まとめ_5つの方法をご紹介します
爪水虫の治し方についてまとめました。病院で治す、自宅で治す、レーザー治療で治すなど、方法はいろいろです。自身の体調や考え方に合った方法を選んで治療しましょう。ここでは5種類の治療法についてご紹介しています。
爪水虫の治療は爪を削ることで外用治療の効果が高まります
爪水虫の外用治療を行っている方で、お薬の効果を十分実感できない方は、爪を削ることで外用薬をしみ込ませやすくする方法があります。爪水虫になると爪が白濁して分厚くなるので、外用薬がとても浸透しにくいのですが、できるだけ削ることで有効成分を浸透させます。
水虫薬の比較は無意味?口コミを当てにしない水虫薬の選び方
水虫を市販薬で治療する場合、薬局にはたくさんの種類の薬があるため、どの薬を選んだらいいのか迷ってしまいます。しかしネットで市販薬の比較サイトを見たり、口コミ情報やお勧めサイトをチェックしたりしても無駄だということはご存知でしょうか?ここでは正しい水虫薬の選び方についてご紹介していきます。
水虫の市販薬でおススメは?爪水虫にも効くの?選び方もご紹介します!
水虫を自宅で自分で治療する場合におススメの薬はどれ?薬局にはたくさんの薬があって、どれを選べばいいのやら…市販の水虫薬選びのポイントは?また爪水虫にも効果はある?など、市販の水虫薬についての疑問を解消します!
クレナフィン爪外用液の効果や治癒率や副作用について
日本で初めて、爪水虫専用の外用薬として厚生労働省から認可を受けたのが、クレナフィン爪外用液です。それまでの爪水虫治療は内服治療が主流だったのですが、クレナフィン爪外用液の登場で外用治療の選択肢も増えたことになります。ここではクレナフィン爪外用液の効果や治癒率や副作用についてご紹介します。
ブテナロックVαが効かない原因と対処法_おススメの薬は?
ブテナロックを使って水虫を自宅治療していても、なかなか効果が現れないこともあるでしょう。ブテナロック自体は最新の抗真菌成分を配合しているので、効果が期待できるお薬です。ここではブテナロックが効かない理由と、対処法についてご紹介します!

 
爪水虫や水虫の治療法や薬 爪水虫や水虫の原因や症状 爪水虫や水虫の予防法やケア 爪水虫を自分で治す方法 妊娠中の水虫・爪水虫治療や予防 お勧め治療薬ランキング