水虫や爪水虫を治すための市販薬の選び方を解説

市販の水虫薬の正しい選び方!スイッチOTCとは?

市販の水虫薬

水虫薬を買うために薬局に行ったはいいけど、種類が多すぎてどれを選んだらいいのか迷ってしまった、なんていう経験はありませんか?

 

現在薬局で市販されている薬の中には、スイッチOTCと言って、これまでは医師の判断でしか使用できなかった薬が、薬局で買えるようなっていて、今までのように安全性を重視した薬だけではなく、非常に効き目の良い薬が買えるようになっています。

 

「そんなに良い薬が揃っているなら、どれを選んでも効くんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、それは一概には言えません。

 

 

水虫の原因となる白癬菌は世界に40種類くらい存在すると言われていて、日本ではそのうち10種類くらいが感染を引き起こしています。

 

ですから、感染している白癬菌の種類によって、薬の効果も違ってくるという訳なんですね。

 

 

ここでは、市販薬の正しい選び方について解説していきます。

スイッチOTC薬は安全性と有効性を兼ね備えたお薬

市販の水虫薬を選ぶポイントは3つ

市販の水虫薬を選ぶ際に見るポイントは以下の3つだけです!

 

1、主成分(白癬菌をやっつける成分)
2、副成分(痒みや炎症などの症状を緩和する成分)
3、薬のタイプ(クリーム、液、軟膏など)

 

1、主成分について

現在スイッチOTCとして市販されている水虫薬で、白癬菌をやっつける主成分として使われているものは以下の4種類です。
この4種類は2002年以降に発売され、いわゆる第3世代抗真菌薬と言われていて、治療効果が高いです。

 

市販の水虫薬

1、ラノコナゾール
2、塩酸アモロルフィン
3、塩酸テルビナフィン
4、塩酸ブテナフィン

 

 

市販の水虫薬を選ぶなら、まずはこの4種類のうちのどれかを主成分とした薬を選んでください。

 

ここで重要なポイントですが、このうちのいずれかを使っても水虫が良くならないときは、主成分が異なる薬を選んで使ってみてください。

 

抗真菌薬によって、やっつけることができる白癬菌の種類が違うので、主成分を変更することで効果が出ることがあります。

 

 

 

*ちなみに、これより以前に登場した、いわゆる第2世代抗真菌薬を以下に示しますが、第3世代抗真菌薬と比べて効果が薄いですから、できれば使わない方がいいです。

 

1、トルシクラート
2、チオコナゾール
3、硝酸エコナゾール
4、硝酸ミコナゾール
5、シクロピロクスオラミン
6、エキサラミド
7、ビホナゾール
8、硝酸スルコナゾール
9、硝酸オキシコナゾール
10、クロトリマゾール

 

 

2、副成分について

市販の水虫薬に主成分の他に含まれているのが、痒みや炎症など水虫の様々な症状を和らげる働きがある成分です。

 

痒みや痛みを鎮める リドカイン
痒みを抑える ジフェンヒドラミン、クロルフェニラミン、クロタミトン
炎症を抑える グリチルレチン酸
清涼感 I-メントール
皮膚を柔らかくする 尿素
嫌なニオイの原因を抑える イソプロピルメチルフェノール

これらが代表的な副成分になります。

 

主成分が同じ薬でも、副成分が異なる薬は沢山ありますので、自身の症状に合わせて選択してください。

 

大事なことは、ただ単に成分が多く含まれていればいいというものではなくて、中には体に合わない成分もあり、アレルギー症状や皮膚炎を起こす可能性が高まることも覚えておいてください。

 

 

3、薬のタイプについて

薬のタイプは大きくは、軟膏、クリーム、液の3種類に分けられます。このような薬のタイプを剤形と言います。

 

またスプレー、エアゾール、パウダースプレーも登場していますので、自身の症状に合うものをお選びください。

 

軟膏 油性の基剤に有効成分を含ませたものです。

塗布したところにとどまるので保湿効果が高いのと、刺激が少なくしみないという特徴がありますが、その反面ベトつくという欠点があります。
角質増殖型に適しています。

クリーム 軟膏よりも柔らかいので、伸びやすく薬剤を広げやすいのと、ベトつきも軟膏ほどではありません。

軟膏よりも多少刺激が強いですが、どのタイプの水虫にも使用できます。

液タイプは浸透力が強いのと、速乾性があってベトつきもありませんが、刺激が強くなっています。

クリームタイプのように塗り広げることはできません。趾間型や小水疱型に適しています。

スプレー・エアゾール スプレータイプは、液タイプの薬剤を広範囲に広げられるようになっています。
パウダースプレー パウダー状の薬剤をスプレーすることができます。

ジュクジュクした部分を保護して乾燥させることができるので、趾間型に適しています。

 

 

まとめ

薬局に行くとたくさんの水虫薬があります。
値段も1,000円以下のものから、3,000円くらいのものまで多岐に渡りますし、1日1回で効くものもあれば、1日3回塗らなければならないものもあります。

 

私が使用した実感ですが、先にも述べたように第2世代抗真菌薬を使っているような、比較的安価な薬は効かないと思います!

 

安いからといって効かない薬を塗り続けるより、第3世代抗真菌薬を使っている薬で、しっかり治すほうが賢い選択です。

 

分からないことなどは、薬局の薬剤師さんに聞けば教えてもらえるので、恥ずかしさをこらえて質問しましょう。

爪水虫最強ジェル


爪水虫最強ジェル

関連ページ

爪水虫で皮膚科を受診すると勧められる内服治療
爪水虫で病院に行くと、内服薬で治す、外用薬で治すが、またはその両方を使って治す、という選択肢があります。どの治療法を選んだらいいのかは、症状や状態、体調などによって違ってきます。ここでは内服治療について書いています。
爪水虫で皮膚科を受診したときに勧められる外用薬
爪水虫で病院に行くと、内服薬で治す、外用薬で治すが、またはその両方を使って治す、という選択肢があります。どの治療法を選んだらいいのかは、症状や状態、体調などによって違ってきます。ここでは外用薬について書いています。
本当に治る?爪水虫の治療に効果のあるレーザー治療とは
治りにくい爪水虫にお悩みの方は本当に多いです。内服薬や外用薬での治療で、納得のいく効果を得られていない方には、実はレーザー治療という方法もあるんですよ。これはレーザー光線の熱で白癬菌を殺菌するという方法なんです。
爪水虫の自宅治療で外用薬と併用すると効果が高いODT療法(密閉療法)とは
爪水虫を外用薬を使って自宅で治す場合に、薬の効果をより高めるために併用する、ODT療法(密閉療法)という方法があります。ラップなどを使って爪を柔らかくすることで有効成分を浸透させやすくする方法です。
親指の爪白癬の治療に最適なキャップオンネイルテラピーとは?
足の親指の爪白癬を治療する方法にキャップオンネイルテラピーという方法があります。この方法は親指の爪に、高濃度の抗真菌剤を染み込ませたキャップを付けた状態で、1日放置して有効成分を浸透させる方法です。
スイッチOTCによる市販薬の進歩を知って水虫薬を選ぶ方法
市販の水虫薬はスイッチOTCによって日々進歩しています。安全面を重視した今までの市販薬は、効かないというイメージがあるかもしれませんが、医師の判断でしか使えなかった成分を含んだ薬の登場によって、市販薬での水虫治療は劇的に効果的になりました。
爪水虫治療の内服薬での治癒率や特徴とは
爪水虫の治療はしばしば、内服薬でしか治すことができないと言われます。内服治療の治癒率も70〜80%と高く、かなり確実な治療法であると言うことができます。では内服薬で治らないのはどのような場合なのでしょうか?また内服治療のデメリットについて考えてみます。
塗って治せる爪水虫のお薬_クレナフィン爪外用液の治癒率
爪水虫治療に内服治療ができない方や望まない方でも、安心して使えるクレナフィン爪外用液。使い方や効果、治癒率などをご紹介します。現状クレナフィン爪外用液は病院でしか処方してもらうことはできません。
爪水虫の治療法まとめ_5つの方法をご紹介します
爪水虫の治し方についてまとめました。病院で治す、自宅で治す、レーザー治療で治すなど、方法はいろいろです。自身の体調や考え方に合った方法を選んで治療しましょう。ここでは5種類の治療法についてご紹介しています。
爪水虫の治療は爪を削ることで外用治療の効果が高まります
爪水虫の外用治療を行っている方で、お薬の効果を十分実感できない方は、爪を削ることで外用薬をしみ込ませやすくする方法があります。爪水虫になると爪が白濁して分厚くなるので、外用薬がとても浸透しにくいのですが、できるだけ削ることで有効成分を浸透させます。
水虫薬の比較は無意味?口コミを当てにしない水虫薬の選び方
水虫を市販薬で治療する場合、薬局にはたくさんの種類の薬があるため、どの薬を選んだらいいのか迷ってしまいます。しかしネットで市販薬の比較サイトを見たり、口コミ情報やお勧めサイトをチェックしたりしても無駄だということはご存知でしょうか?ここでは正しい水虫薬の選び方についてご紹介していきます。
水虫の市販薬でおススメは?爪水虫にも効くの?選び方もご紹介します!
水虫を自宅で自分で治療する場合におススメの薬はどれ?薬局にはたくさんの薬があって、どれを選べばいいのやら…市販の水虫薬選びのポイントは?また爪水虫にも効果はある?など、市販の水虫薬についての疑問を解消します!
クレナフィン爪外用液の効果や治癒率や副作用について
日本で初めて、爪水虫専用の外用薬として厚生労働省から認可を受けたのが、クレナフィン爪外用液です。それまでの爪水虫治療は内服治療が主流だったのですが、クレナフィン爪外用液の登場で外用治療の選択肢も増えたことになります。ここではクレナフィン爪外用液の効果や治癒率や副作用についてご紹介します。
ブテナロックVαが効かない原因と対処法_おススメの薬は?
ブテナロックを使って水虫を自宅治療していても、なかなか効果が現れないこともあるでしょう。ブテナロック自体は最新の抗真菌成分を配合しているので、効果が期待できるお薬です。ここではブテナロックが効かない理由と、対処法についてご紹介します!

 
爪水虫や水虫の治療法や薬 爪水虫や水虫の原因や症状 爪水虫や水虫の予防法やケア 爪水虫を自分で治す方法 妊娠中の水虫・爪水虫治療や予防 お勧め治療薬ランキング