爪水虫の治療方法や治し方と薬

水虫の自宅治療おすすめの薬

足がかゆい、小さな水ぶくれがたくさんできている、指と指の間がジュクジュクするなどの症状が出て、もしかして私水虫かもと思っていても、仕事が忙しかったり、育児に追われていたり、もしかしたら他人に見られるのが恥ずかしい等の理由で、なかなか病院に行けないという方は多いのではないでしょうか?

 

水虫は初期であればあるほど、比較的簡単に完治させることができますが、放っておいて症状が酷くなると、治療するのに半年から1年以上かかってしまうことも珍しくありません。

 

水虫は自然治癒しませんので、できる限り初期の段階で対処することが大切です。今は市販薬にも良く効くお薬が出ていますので、病院に行けなくても自宅で治療できます。

 

今回はなんとかして自宅で水虫を治したいとお悩みの方に、当サイトおすすめの商品をご紹介していきます。

 

また、市販の水虫薬の選び方や日ごろのケアについて書いていきたいと思います。

 

続きを読む≫ 2017/05/26 10:49:26

爪を削って爪水虫を治す

爪水虫の治療には、は内服治療を第一選択とする病院が増えています。

 

しかし『10人に1人くらいの割合で肝機能障害や血液疾患の副作用が出る』、『そのため内服治療中は定期的な血液検査が必要』、『内服治療でも完治までの期間は半年から1年以上になることもある』、などの説明を受けて、内服治療を辞退する方が出ているのも事実です。

 

また内服治療を始めた方の中にも、『1年以上続けているのに効果が出ない』、『パルス療法に変えてみたけどダメだった』、と中止される方も多いようです。

 

一方、内服治療を諦めて外用治療に戻しても、従来のように爪の上から外用薬を塗布するだけのやり方では、なかなか効果が出ない現実もあります。

 

このようなケースでは、外用治療の効果を高めるために、白濁して肥厚した爪をヤスリで削り取ってから外用薬を塗布するという方法が効果をあげているので、ご紹介します。

続きを読む≫ 2017/05/25 16:37:25

爪水虫が恥ずかしい

爪水虫になって一番辛いことって、爪のの見た目がとても汚く変形することではないですか?

 

爪はボコボコ、白や褐色に濁って、酷くなるとポロポロと崩れたり…

 

私の場合恥ずかしさのあまり、他人に見られないように生活していました。絶対に裸足にはなりませんでしたし、夏場でもサンダルは履きませんでした。プールにも海にも行かず、マッサージやスパ、温泉旅行に誘われても断っていました。

 

爪水虫のせいで、やりたいことを我慢する人生だった気がします…

 

症状が出ている爪が、1、2本であればまだ隠せると思いますが、私の場合すべての指の爪に症状が出ていたので、隠しようがありませんでした。特に親指の爪は目立っていましたね…

 

同じような悩みを現在持たれている方は多いと思います。もしかしたら病院に行くのも恥ずかしいのではないでしょうか?

 

今回は、爪水虫をこっそりと自宅で治す方法についてご紹介したいと思います。

続きを読む≫ 2017/05/25 10:30:25

妊婦さんや授乳中の方の爪水虫治療

爪水虫でお困りの妊婦さんや授乳中の方は、なかなか治らないことに焦ったり、どうやって治療したらいいのか分からないなどのお悩みを抱えています。

 

通常であれば、爪水虫治療の第一選択は、内服治療ということになるのですが、

  • 妊娠中の方
  • 妊娠の可能性のある方
  • 授乳中の方
  • 肝機能に問題のある方
  • 過去に肝機能障害や血液疾患の副作用が出た方
  • 併用禁忌薬を服用している方 など

 

これらの方々には、お医者さんは内服薬は処方することができなくなっています。

 

内服治療ができないとなれば、外用薬での治療をするほかないということになるので、今回は妊婦さんや授乳中の方のための爪水虫治療法についてまとめます。

続きを読む≫ 2017/05/23 09:15:23

クリアネイルショット

今、爪水虫を治す方法としてネットで話題になっている商品がクリアネイルショットです。

 

私もクリアネイルショットで爪水虫を治しました。

 

北の達人コーポレーションという会社が開発・販売している商品です。東証一部上場企業なので信頼感があります。

 

なぜ効くのか、どのような特徴があるのかは、公式ページをご覧ください⇒公式ページはコチラ

 

今回はこのクリアネイルショットを使って、誰にも気づかれることなく、爪水虫を自宅治療する方法をご紹介します。

続きを読む≫ 2017/05/20 11:01:20

妊婦さんが水虫になったら

治療に長い時間が掛かってしまうこともある水虫。

 

特に妊娠中にはかかりたくないですよね?水虫に気づいて治療を開始しても、出産までに治らなければ赤ちゃんにうつしてしまうかもしれません。

 

自分の水虫のせいで、愛すべき我が子にそんなリスクを与えたくないと、誰だって思うでしょう。

 

でも妊娠すると、体の免疫力が低下したりホルモンバランスが崩れることで、どうしても病気や感染症にかかりやすくなってしまいます。

 

では妊娠中に水虫に感染してしまったらどうすればいいのでしょうか?

 

不用意に病院に行って、逆に別の病気をもらうなんてこともありますから、できるだけ病院には行きたくないというのが本音だと思います。

 

そんな妊婦さんのために、水虫にかからないための注意点と、かかってしまったときの治療法などを書いていきます。

続きを読む≫ 2017/05/20 09:33:20

妊活中の爪水虫治療

爪水虫がなかなか治らない、市販薬だけで今まで何となくズルズル来てしまった、足水虫が悪化して爪水虫になってしまったなど、今まで比較的自分の爪水虫に対してのんびり構えていた方でも、もし妊娠を意識し出したなら、そんな悠長なことは言ってられなくなるんじゃないでしょうか?

 

ずっとがむしゃらに働いてきて爪水虫になってしまったけど、治す暇もなく今に至ってしまい、結婚を機に妊娠を意識するようになると、急に爪水虫のことが気になりだして、早く治さなきゃという気持ちになった。

 

でもどうやって爪水虫を治したらいいか分からない、とお悩みであれば内服治療には十分注意してください。

 

 

もし妊活を続けるのであれば、治療は外用薬で!

 

内服治療をしたいのであれば、妊活は爪水虫が完全に治ってからにする!

 

これが基本です。

続きを読む≫ 2017/05/19 16:13:19

爪水虫治療のさまざまな方法

爪水虫をどうしても治したい方、今までは放置していたけどやっと重い腰を上げた方、自分に合う治療法がなかなか見つからない方など、これらの方々のために2017年現在行うことができる治療法について、そのすべてをご紹介します。

 

良く知られている通り、爪水虫は水虫の中で最も完治が難しいと言われています。

 

いつまで経っても治らなかったり、治療を途中で諦めてしまったり、また薬の副作用が出てしまったという方もいますし、運良く完治できても治療に数年以上掛かってしまったというケースもあります。

 

ここでは爪水虫の治療法について、その方法や特徴なども合わせてご紹介していきます。

続きを読む≫ 2017/05/19 11:07:19

爪水虫外用治療

爪水虫の治療に、塗って治せるお薬の1つ【クレナフィン爪外用液】。
科研製薬から発売された、日本初の爪水虫(爪白癬)専用の塗り薬です。

 

2014年に認可され、現在病院で処方してもらうことができます。(薬局では買えません)
それまでは、爪水虫の治療薬として認可されていたのは、『飲んで治す』内服薬だけでしたが、とうとう『塗って治す』お薬が登場しました。

 

今までの爪水虫治療は、内服治療を原則としていましたが、外用薬での治療という選択肢が増えたことになります。

 

これは、肝臓が悪い方、妊婦さんや授乳中の方、また他に併用禁忌の内服薬を服用中の方にとっては、待ちに待った塗り薬ということができます。

 

しかしクレナフィン爪外用液の登場が、全ての爪水虫患者さんの悩みを解決できるかと言えば、そうではありません。

 

クレナフィン爪外用液の治癒率は17.8%というデータがありますが、これを高いと見るか低いと見るかは、意見の分かれるところだと思いますが、外用薬を待ちわびていた方にとっては、是非とも試してみたいお薬となっているのは間違いありません。

続きを読む≫ 2017/05/16 09:37:16

爪水虫内服治療

水虫を放置して悪化すると、かかとなどの厚い角質の奥に白癬菌が入り込む角質増殖型の水虫になったり、白癬菌が爪の中や下に寄生する爪白癬になることがあります。

 

この状態になると、治療には内服薬が使われることが多くなりますが、その理由として、外用薬では角質の奥や爪の中や下に潜んでいる白癬菌に、有効成分を浸透させて届けることが難しいことが挙げられます。

 

このような水虫には、内服治療によって体の内側から抗真菌剤を送り込んで、白癬菌を死滅させるという方法が取られる訳です。

 

内服治療の治癒率は70〜80%となっていて、高い効果が期待できることが分かります。

 

しかし内服治療を行っても爪水虫を完治させることができない、2〜3割くらいの人が出るのは何故なのでしょうか?

 

ここでは、爪水虫の内服治療の特徴や、デメリットについて書いていこうと思います。

続きを読む≫ 2017/05/13 14:50:13

市販の水虫薬選び

昔と違って、水虫は治る病気になりました。薬の飛躍的な進歩のおかげです。

 

その反面、巷にはたくさんの薬があって、どのような基準で薬を選んだらいいのかが分からない方も多いと思います。

 

値段が高い方がいいの?宣伝広告の派手な薬が無難?自分の症状に合わせて?などの疑問が沸いてきますよね?

 

そもそも病院で処方される薬と、市販の水虫薬にはどのような違いがあるのかが分からなかったり、市販の水虫薬でも治るのかと不安な方もいるでしょう。

 

今回は、水虫や爪水虫を自宅で治したい方のために、市販の水虫薬を選ぶ際の判断材料にしていただきたく、市販薬の進歩について書いていきます。

続きを読む≫ 2017/05/13 09:55:13

市販の水虫薬

水虫薬を買うために薬局に行ったはいいけど、種類が多すぎてどれを選んだらいいのか迷ってしまった、なんていう経験はありませんか?

 

現在薬局で市販されている薬の中には、スイッチOTCと言って、これまでは医師の判断でしか使用できなかった薬が、薬局で買えるようなっていて、今までのように安全性を重視した薬だけではなく、非常に効き目の良い薬が買えるようになっています。

 

「そんなに良い薬が揃っているなら、どれを選んでも効くんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、それは一概には言えません。

 

 

水虫の原因となる白癬菌は世界に40種類くらい存在すると言われていて、日本ではそのうち10種類くらいが感染を引き起こしています。

 

ですから、感染している白癬菌の種類によって、薬の効果も違ってくるという訳なんですね。

 

 

ここでは、市販薬の正しい選び方について解説していきます。

続きを読む≫ 2017/05/12 10:05:12

爪白癬の新しい治療法

足の爪白癬は、親指の爪に最もよく見られます。

 

親指の爪は面積が大きいので、白濁や肥厚などの症状がとても目立ってしまいますよね?

 

サンダルを履いていたり、裸足でいる時には、他人に見られないように必死で隠さなければいけませんし、見つかった時はとても恥ずかしい思いをします。

 

 

内服薬で確実に治せるといいのですが、中には肝臓に問題があったり、薬の飲み合わせの問題などによって、残念ながら服用できない方もいます。

 

かといって硬くて大きい親指の爪には、外用薬ではなかなか浸透しないので、治療の効果を実感できないこともあります。

 

そんな時に有効なのが、【キャップオンネイルテラピー】という方法です。

 

いったいどの様な方法なのでしょうか?

続きを読む≫ 2017/05/10 10:50:10

爪水虫治療で外用薬の効果が薄い

爪水虫を治療する際に、内服治療をしたくない方や、妊娠中などの理由で内服薬が使えない方がいます。

 

 

このような方は外用薬で治療することになりますが、薬を塗っていてもいまいち効果を実感できないと感じている方も多いのではないでしょうか?

 

 

そんな時に、外用薬の効果を高めることができる【ODT療法】という治療法があるので、ご紹介します。密閉療法とも言います。

 

もともとは皮膚科医が重傷者に対して使っていた方法で、ラップなどを用いて患部を密閉することで、薬を浸透させやすくする効果が期待できます。

 

最近では爪水虫やアトピーの方など、なかなか塗り薬が浸透しない患部に用いると、思いのほか効果があることが分かっています。

続きを読む≫ 2017/05/09 10:41:09

妊婦さんの爪水虫

妊娠を機に爪水虫を治そうとする妊婦さんが、実はとても多いのはご存知でしょうか。

 

今までは病院に行く時間がないとか、お医者さんに爪を見せるのが恥ずかしいなどの理由で、治療に積極的ではなかった人が、出産までにどうしても治したいとか、産まれてくる赤ちゃんにだけはうつしたくないという理由で、治療を開始するケースが増えています。

 

 

しかし妊娠中や授乳中の方にとって、爪水虫を治療するのはとても厄介です。

 

本来、爪水虫を治療するには、内服薬を使用するのが一般的なのですが、爪水虫治療で使われる抗真菌剤の内服薬は、妊娠中や授乳中の方には使うことはできませんので、外用薬治療の選択肢しかなくなるからです。

 

では、妊娠中や授乳中の方が爪水虫を治すには、どうしたらいいのでしょうか?

続きを読む≫ 2017/05/08 13:11:08

水虫治療の良い方法

しつこい爪水虫!なかなか治らない爪水虫!

 

内服薬も外用薬も試したし、お酢が効くと聞けばすぐやったし、5本指ソックスだって履いてるのに…
それでも納得のいく効果が出ない…

 

という方は多いのではないでしょうか?

 

そんなあなたに、今回はレーザー治療という治療法をご紹介します。

 

レーザー治療は爪水虫の治療に高い効果を発揮することが知られていますが、ただ1点、『保険適応ではない』、という問題があり、治療費はすべて自己負担となりますので、お気を付けください。

続きを読む≫ 2017/05/06 11:56:06

爪水虫外用薬

皮膚科を受診して爪水虫と診断を受けた場合、治療の第一選択は効果を考えて、内服治療が勧められます。

 

しかし抗真菌剤の内服薬は、肝機能障害や血液疾患の副作用が出ることや、治療期間が長期に及ぶこと、また治療費が高額になるなどのデメリットを考慮して、外用薬で治療を開始することも多くなってきています。

 

従来、硬く分厚い鎧に覆われているような爪水虫を、外用薬によって有効成分を爪の下の奥深くに潜んでいる白癬菌に届かせて治療することは、不可能と言われてきました。

 

しかし2014年にクレナフィン爪外用液が、日本初の外用爪白癬治療剤として認可されて以来、外用薬での爪水虫治療は、その効果が高まっています。

 

足の爪は手の爪と比べて伸びるスピードが遅く、1か月に1.5mm程度しか伸びません。従って、白癬菌に侵されていない爪に、完全に生え変わったところを完治とするなら、爪水虫が完治するには半年〜1年以上かかることになりますので、治療には根気が必要です。

続きを読む≫ 2017/05/02 14:56:02

爪水虫

足や手の爪が白く濁ってきたり、だんだん分厚くなってきたなどの異常を感じた時は、早めに皮膚科を受診されることをお勧めします。

 

原因の一つとして考えられるのは、【爪白癬】です。いわゆる爪水虫ですね。

 

病院では、爪や皮膚の一部を削って、顕微鏡検査をして、白癬菌の有無を調べます。検査はその場でやってもらえますので、すぐに原因が分かります。(検査前に市販薬を塗っていると、爪水虫であったとしても白癬菌が検出されないことがあります。検査前の2〜3週間は薬を塗らない方がいいでしょう。)

 

検査で原因が爪白癬だと分かれば、あなたの体調や水虫の状態などを考慮し、最適な方法によって治療が開始されます。

 

ここでは、病院での一般的な内服治療についてご紹介していきます。

続きを読む≫ 2017/05/02 10:03:02